FC2ブログ
ファーマライズ(推)の2011.5月期と2012.5月期の業績を比較してみよう。
数字は経常利益、単位は100万円。

2011.5月期 通期実績1343  (内訳) 6月ー2月= 835、  3-5月=508

2012.5月期 通期予想1511  (内訳) 6月ー2月=1130、  3-5月=381(予想)

要するに、今期6-2月では前年同期比35.4%もの大幅増益を達成しているのに、3-5月は一転25.0%減益というのは、どうみてもおかしいだろうと言いたいのである。2012.5月期通期の経常利益を四季報は1650、JQアナリストレポートは1700と見込む。私は3-5月も6-2月と同じ増益率として1818も可能とみる。この場合、実質1株利益は15344円、実質PERは4.0倍。
6月01日から2013.5月期が今期になるわけで、重要なのは、こちらである。四季報は18億円、JQアナリストレポートは20億円を見込むが、私は2012.5月期の予想数字からして21億円程度は可能とみる。この場合、実質1株利益は16800円、実質PERは3.7倍となる。

それでは他の調剤薬局、ドラッグストア(調剤薬局併設)=スギ、クリエイトの今期予想実質PER(5.28日現在)は、どうなっているか。

アインファーマ  10.1倍
日本調剤      5.3倍
総合メディカル  6.4倍
クオール      7.6倍
メディシス    10.6倍

スギ薬局     13.0倍
クリエイトSD   8.1倍

ファーマライズ  3.6倍

いかにファーマライズが超割安か分かろう。
PER4.0倍で67200円
PER4.5倍で75600円
PER5.0倍で84000円

利益成長力をみてもトップクラスで、同社を、こうも低PERに放置しておく理由は、どこをどうつついても見当たらない。なお2012.5月期決算は7月中旬発表だろうが、ここで2013.5月期の大幅増配が発表される可能性が十分ある。

5月30日 0時22分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/985-3ca45d0b