FC2ブログ
30日の相場は、円高を嫌気して、主力株が輸出関連中心に下げ、日経平均・TOPIXとも小幅安となった。中小型株は比較的堅調で、値上がりするものも少なくなかった。2部指数、日経JQ平均は小高い。

Gテイスト(推)が急伸、53△6の高値引け。出来高(単位100株)2071は、1月18日(44△5の日)の2746より少ない。30日が出来高が全般に少ない月曜日であることを考慮しないといけないが、この出来高からすると、とりあえず、もう一段上がありそうだ。
①56円~59円程度を当面の天井に反落
②一気に68円高値更新まで突っ走る
③53円かプラス1、2円を高値に反落(それっきり)
の3通りのコースが考えられる。
①の可能性が高く、③の可能性は非常に小さいとみるが、さほど、確たる根拠があるわけではない。各自、慎重に行くのかリスク覚悟で行くのかで、選択するところ。いろいろな可能性を考慮、分けて売るのが大原則だ。ただ、業績上方修正をにらみ68円高値が意識されるところで、時期はともかく、その前後まである可能性はかなりあることは、頭に入れておきたい。

ハザマ(推)が、再び昨年来高値更新。調整を入れて後のじりじり上げでの結果なので、足場は固く、なお上を目指そう。

やまや(推)が強い動きで小幅高。2月6日の4-12月期決算に期待しての動きか。それまでに高値を付ける可能性大とみる。ここから6日にかけて売り上がるところか。

浅香工(推)が173円まであって160△19。日本海側は天気予報どおり31日からまた大雪で2006年豪雪を上回る豪雪になるかもと報道されている。こうした状況で、なお一段高するか、やはり30日の173円が高値だったのか、にわかには、判断しかねる。私は149円から173円まで持ち株の6割を売却、4割を残した。

カンセキ(推)は、私は先週後半は、資金効率を考え多少は持ち株を売ったのだが、31日130円をつけて戻り歩調なのを見て、135円から逆に少し買った。他のHC株などが上がる中、見直されると踏んだからである。

ディップ(推)が急落した。相変わらずクセの悪さは直らず、分かり難いが、ここから下はあまり考えなくていいだろう。配当狙いの買いが、また勢いを増す展開か。

ダイユー8(推)が4連続安。これは10月28日~11月02日の時以来。このときは、このあと5連続高となっている。とりあえず我慢・持続。トレファク(推)がストップ高後、5連続安してここ4連続高と急速に出直っているが、同じくSP高後遺症のダイユーなので、同様のコースもないではない。

海外は、ギリシャの債務削減交渉難航が伝えられる。またポルトガルのクレジットデフォルト・スワップが急伸、市場ではギリシャだけでなく、ポルトガルも不安ということで、EU各国の株価が下げている。為替は当然、ユーロ安・円高。ただアメリカ株はNYダウは下げているものの、NQは前日と同水準くらいと、現時点でなっている。

1月31日 2時15分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/763-c93f6df4