FC2ブログ
23日のNY市場は、ダウ、ナスダックとも安く始まった後戻し、23時54分現在、ダウは小幅安、ナスダックは小幅高となっている。最近のアメリカ株は、粘り強く、先行きの景気回復に自信を持っていると読めなくもない。
一方、円の対ドル相場は84円32銭程度と、一段と円高が進んでいる。対中関係の悪化、経済オンチのみならず、英語も日本語もだめなことが判明した菅首相のもと、有効な対策が打てるか、はなはだ心もとなく要注意だ。ただ、先日為替介入をしたばかりであり、とりあえずは83円割れともなれば介入ということだろうから、大きな円高はなかろう。あくまでとりあえずという限定付きでだが。

月末接近だが、9月27日が配当権利付き最終、28日が権利落ちとなる。
推奨株の電産トーソク、電産リードは、ともに1対2の株式分割権利付きだが、これも同様だ。ということは権利付きの取引は24日(金)と27日(月)の2立会日しかないということだ。電産トーソク、電産リードの2銘柄は、この2日間の内のどこかで大きく乱高下する可能性もある。200株以上お持ちの方は大きく上げる場面では一部を利食うのも一法だ。私は大半は権利取りのつもりである。何せ強気一貫、無鉄砲というのが、我が人生なので、あまり人様には勧められない。

相場は、かつてのような日経平均採用銘柄だけ強い、私の言ういやな相場は、影を潜め、大きく売り込まれていた中小型株も、出直り傾向を強めている。大底圏、あるいはそこから少し戻しただけの出遅れ中小型株が、ここからの狙い目だろう。

そういう観点から、先に推奨した綜研化学(押し目買い一貫)のほか、5738住友軽金属が面白そうだ。日本軽金属と比べて割安は歴然だ。なお相場動向を見極めたいので、今推奨株としては取り上げないが、買いたい人は買ってもいいだろう。私は、半月くらい前からちびちび打診買いしている。

前から言っているように、10月は鬼門の月だ。今年がどうなるかは、なんとも言えないが、警戒は続ける必要がある。9月末から10月初めで持ち株がいい線行ってるようだったら、ある程度利食っておく慎重さが大切だ。

9月24日 0時30分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/76-36e16ff2