FC2ブログ
EUの「包括策」合意を受け27日の欧米株が、そろって急騰したのを見て、日本株も28日、それなりに上げた。ただ、円の対ドル相場が27日、海外で3日連続の過去最高値更新となったことが足を引っ張り、日経平均やTOPIXの上げはNYダウ等に比し小さいものにとどまった。値下がり銘柄数602(値上がり銘柄数933)が示すように、全面高にはほど遠かった。
主力株全面高の一方、中小型株は小幅な上げにとどまり、値下がりするものも多かったためだ。
こうした両雄並び立たずの相場は、これまで何度も言及してきたように、最近ずっと継続している特徴であり、なお、しばらく続きそうだ。

こうしたなか、ハザマ(推)は高寄りして147円まであって141▼3、ライト工(推)、世記東急も冴えなかった。これは、前述のような相場にあって、今日はお休みの番と割り切っていこう。
ハザマの日証金残は売り残が激増、貸借倍率も1.20倍へ改善している。
ライト工の貸借倍率は、逆に9.19倍から23.96倍へと急悪化している(過去の経験では、たいした意味がなさそうだが)。

日本調剤(推)が2894△36と上げた。27日の60円高に続いての上げだ。11月01日に4-9月期決算の発表を控えているので、それへの期待があるためと考えられる。
調剤薬局は、以前日本調剤とともに名前を挙げたメディカルシステム、ファーマライズとも、それぞれ10月05日、10月14日に4-9月期業績を上方修正している。

10月28日 23時57分記

追記=予定通り、28日15時少し前に、無事退院できました。株には間に合いませんでしたが。お隣さんのいびきに死にました。
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/606-78c808e0