FC2ブログ
26日の相場は、相変わらずの薄商いの中、値下がりするものが多かったが、前日に引き続きキャタピラー効果(米キャタピラーの決算が良かった)でコマツなど機械株が値上がり、また日立の上方修正効果で電機株にも値上がりするものが多く、また金融株の値上がりもあって、日経平均は小幅安にとどまった。

ハザマ(推)は一時141円と戻り高値を更新したが、結局1円安で引けた。ライト工(推)、世紀東急も小反落。

25日のNY外為市場で対ドルで円が最高値を更新、26日も海外で値上がりする場面もあったが、政府・日銀の介入への警戒感もあって、大きく円高が進むような展開には、今のところなっていない。
欧州債務危機をめぐるEUの対応に、独仏の足並みの乱れなども伝えられ、懸念がぬぐえていない。26日決定予定の「包括戦略」の内容を、世界が注視している。

ヨーロッパ各国の株価はまちまち(独・仏は値下がり、英・伊は値上がり)、アメリカも現時点ではNYダウは値上がり、NQは値下がりとなっている。

10月27日 1時05分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/604-5f921bb9