FC2ブログ
29日の相場も前日同様、中小型株中心に、ほぼ全面高だった。

ライト工(推)、コーナン商事、バローは、そろって高かった。

ライト工は9月12日に付けた321円の戻り高値を更新した。安寄り後切り返し28日に続いて高値引けとなった動きは一皮むけた感じで頼もしい。
バローはあっさり年初来高値を更新した。
コーナンは安寄り後戻し、ライト工同様高値引けで終わった。

グリー8.72%高、スタートトゥデイ(マザーズ)7.2%高など、大きく突っ込んでいた銘柄の急反発も目立った。
また東亞建設、東洋建設、不動テトラなど低位の土木・浚渫株も急伸した。鹿島、前田建設、前田道路も続伸となった。

ここ、それまでの全般の大きく下げる中比較的軽微な下げだったのが逆に災いしてか戻りが鈍かった日本調剤(推)は、久しぶりに2900円の大台を回復した。どうも、こういう現物銘柄の動きがおおむねいまひとつだが、あせらず行きたい。

なお、中小型株全面高にもかかわらず、東証2部、JQとも、前日に引き続き冴えない動きだったことは、注意を要する。すなわち両指数とも前日のようにはマイナスでこそなかったが、わずかな上げにとどまっている。

というわけで、結局、前稿で書いたように、ライト工を中心に、前田道路、鹿島などの震災復興関連、バロー、コーナンなどの業績好調な小売の一角をポートフォリオの中核に行くのがよいだろう。日本調剤などの割安調剤薬局も、もちろんよい。

ギリシャなどのヨーロッパ債務問題は、とりあえず好転の方向だが、なお予断を許さない。いつ何時、再度、暗転しないとも限らないということを念頭に、慎重運転を心がけたい。

9月30日 2時33分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/579-8a7b8d6a