FC2ブログ
27日の相場は、前日の欧米の株価が大幅高だったことを受けて、全面高、日経平均、TOPIXとも26日の下げ分以上に戻した。ただ、東証2部、JQ、マザーズは、全て26日の下げ分には遠く及ばない小幅な上げにとどまった。資産が大きく痛んだ個人投資家は、買い余力に乏しく、おいそれと買いを入れ難いということだろう。

27日の欧米市場は、前日に続いて、大きく値上がりしている。
NYダウ、NQとも、現在2%を上回る上昇となっている。
ギリシャを始めとする債務危機に対し、各国の思惑の違いがこれまで目立っていたが、ここに来てようやく危機感が高まり、危機回避に向けた対応に動き始めたのではと期待感が強まっていることが、上昇の背景にあると思われる。
もちろん、これで安心と言えるような状況ではとてもないので油断は禁物だが、とりあえず、円相場も対ドル、対ユーロとも、かなり円安方向に動いている。

27日の日本市場は、全面高だったわけだが、震災復興関連の上げも、それなりに目立った。
すなわち鹿島247△14、日本基礎技術292△12、前田道路785△25などである。復興予算やその財源としての増税で、民主党の案がまとまったことが好感された面もあろう。
欧米市場が戻ると、輸出関連が息を吹き返す傾向があるが、それはそれとして、ゼネコンや地盤改良が得意な特殊土木は、来期、予想以上に業績がよくなる公算が大だ。鹿島もいいが、ライト工(推)、前田建設に期待しよう。

日本調剤(推)はじっくり戻りを待つところ。

9月28日 2時22分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/577-9b623d8a