fc2ブログ
31日の相場(東証1部)は、主力株が、ほぼ全面高する一方、これまで上げの目立った中小型株には値下がりするものも多かった。

すなわち、DeNA、コーエーテクモ、スクエニ、コナミ、カプコンなどのゲーム関連は、値下がりするものも多く、サニックス、三晃金属などの太陽光関連も冴えず、ライト工(推)などの震災復興関連も軟調、これに対し、主力株のほかローソン、ニトリ、サンドラッグ、コーナンなどの消費関連は軒並み高だった。

ライト工は6日ぶりに下げたが、これは当然の一服、相場の延命に程好い調整といえよう。もう1、2日下げる可能性もあるが、基本的に強気を貫きたい。
大手ゼネコンで最も高収益を誇る大林組の来期予想1株利益が23.7円で株価が375円、
ライト工は来期予想1株利益28.5円で株価308円。
ちなみに史上最高値は
大林組 1960円(1989年)
ライト工2980円(1990年)
今後ライト工の株価が大林組を上回っても、なんら不思議でないのである。

グリーは、予想通り年初来高値更新、その後マイナス圏に沈む場面もあったが、結局小幅高し5連騰。株不足・逆日歩銘柄の強みを遺憾なく発揮した。高所恐怖症になる人もいそうだが、相場は相場に聞くとするなら、なお上があるとみるべきだろう。ご自身の性格に合わせて対処されたし。

スタートトゥデイもライト工同様、当然の一服。2158円高値更新があるとみる。

アメリカ株は8月のADP雇用統計が市場予想を上回るいい数字だったため、現在値上がりしているが、為替はやや円高になっている。円高傾向が改まらない限り、これまでもたびたび書いてきたように輸出関連は避けたい。

これから狙って面白そうな、今私が注目している銘柄を、2、3挙げておこう。

9370 郵船ロジスティクス=時価はどうみても、ありえないくらいの底値圏(売買単位100株)
3341 日本調剤=アインファーマに比べ超出遅れ(売買単位10株)
2735 ワッツ=100円ショップで傑出した成長力にもかかわらず最も低PER(売買単位100株)

9月1日 0時34分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/553-a91c04a8