FC2ブログ
30日の相場(東証1部)はアメリカ株高もあって全面高となった。
日経平均は102円余りの値上がりにとどまるが、値上がり銘柄数1393(値下がり銘柄数185)が示すように、小型株中心に大半の銘柄が値上がりしたわけだ。

これで4立会日連続高となり、徐々に投資マインドも回復しつつある。物色の圏外に放置され続けて来た2部市場(東証・大証)や新興市場(すでに上げていた主力株は除く)の銘柄も、息を吹き返し始めるものが、増えている。

前回、ゲームソフト会社3社について書いたが、コナミが急騰、コーエーテクモ、スクエニも上げた。カプコンも急騰した。コナミは、これで高値更新だが、コーエーテクモ、カプコンも同様のコースとなろう。
グリー、おそらくはDeNAも、こうした流れからすると高値更新の可能性が大きい。

スタートトゥデイも急伸、高値更新をうかがう勢いだ。

いずれにせよ、こうしたネット関連は、為替やアメリカ株に左右されにくく、大半が需給関係もよいので、思っている以上に息の長い相場となりそうだ。

ライト工業(推)が続伸、7月11日に付けた311円の戻り高値を更新した。出来高も増加する一方、日証金の買い残は減少している。来期経常利益は今期の会社予想の2.08倍の25億円が期待できPERも11.0倍、PBRは0.56倍とくれば、338円高値更新は時間の問題だろう。

8月31日 8時10分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/552-3bbc610e