FC2ブログ
伊良部投手の自殺に感慨に浸り、故郷・長岡の水害のニュースに、頭を離れぬ東北の大地震ともども世の無常を感じ、方丈記を引っ張り出して見ていたら、鴨長明は数えで64歳(今の私と同じ)で没せられていることが分かり、さらに、無常観を深めたことであった。
また11日間寝ていたという温家宝首相のやつれた姿を思い浮かべる。

かく言う私めも、実は右手先の痺れ、違和感、握力不足(猫のプルトップ缶が開けられない!)に脳梗塞を疑い、夜病院に行ったらCT検査。とりあえず異常なさそうということで、帰れるかと思ったのも束の間、しばらくして、やはり懸念が残るんでMRIしましょうとなり、このまま入院(身近にこのパターンで脳梗塞の診断、1週間入院という方がいる)かと、嫌な予感。よりによって株式市場変調のこの時期に・・・

結局MRIでも、異常は発見されなかったものの、だからと言って、なんら問題なしというわけではないということで、多少の不安を抱きつつ帰宅。夜の9時に行って帰宅は2時半にいつの間になっていた。救急の医療関係者の方に感謝。その後、数時間寝て起き、ブランチを食べ、グダグダしていたら、どっと疲れが出たか寝てしまい、目覚めれば夜の8時。
蓄積疲労が取れたか、まずは体調よろし。右手先の痺れは取れないが。

最近思うのは、私が南三陸町で、今のような生活をしていたら、今どうなっていたんだろうということ。世の中には、全く瓜二つの、もう一人の自分がどこかで生息しているなどと言うし。

その鎌倉遊助が大震災に遭遇、避難所生活を送っている図を、私は時々思う。
あるいは、鎌倉遊助でなくとも、株好きな、家を流され避難所生活を送る我が同類を思う。限りなく優しいまなざしで見つめる私がいる。

そして、昨日、病院のベッドで、このまま入院となったら、どうなるんだろうと思ったのである。
もう少し地道な人生を誓った鎌倉雄介であった。

というわけで、ブログほったらかしで失礼いたしました。
アメリカ株下げ止まらず、円高も収まらず、波高しの株式市場ですが、元気出していきましょう。
今後の見通しについては、深夜に書きます。

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/521-eac974e7