FC2ブログ
米欧とも財政問題が重くのしかかっている。
本来、一番財政問題が深刻なはずの日本は、円がドル、ユーロに比べ安全として買われるという皮肉な展開に悩まされている。

ギリシャの財政危機は、EUがギリシャ支援で合意したため、抜本的な解決には程遠いにせよ、ひとまず、危機回避となった。
アメリカの政府債務の上限引き上げをめぐる交渉は、なお解決への道筋が見えず、8月2日の期限がせまる中、デフォルトや国債格下げの可能性もささやかれる。ただ、株価を見る限り、そういう懸念、少なくともデフォルトの方は、小さいとみられる。

日本では、これから4-6月期決算が、続々発表される。以前に指摘したように、アメリカや韓国より遅いのは、相変わらずで、かつ、この問題を、私以外、誰も指摘しないのも相変わらずなのは、遺憾だ。
海外勢に負けずがんばる日本電産グループは、主要企業ではトップを切って22日に発表、日本電産、電産トーソクなどが、上方修正した。

25日以降、決算発表は本格化し、29日がピークとなる。ただ、主要企業以外は、おおむね、それより遅れる。

当道場の最近の推奨株について、発表予定日を以下に示そう。
東ラヂ   =8月08日
日本精線 =7月25日
高見澤   =8月12日
オリチエン =8月上旬?
タカトリ  =8月04日
IDEC  =7月29日
オーナンバ=8月02日
旭ダイヤ =7月29日

また、推奨株以外では
TBK   =8月04日
スタートトゥ=7月28日

こうした決算発表を注視しつつ、今後の相場が、どういう方向に物色の中心が行くのかをきわめたい。

7月24日 23時29分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/513-8503dcef