fc2ブログ
嫌な予感がしてはいたのだが、まさに嫌なことになってしまった。
半導体関連中心に買われ、値下がり銘柄の方がはるかに多いのに、日経平均は198円=0.50%高となり、4万円大台に軽く乗せた。TOPIXは0.12%安。値上がり銘柄425に対し値下がり銘柄は1195に達した。規模別では大型株指数のみ高く%高、小型株指数は0.62%安だった。0.62%安は日経平均で言えば247円安になる。

こういう相場で道場銘柄はほとんどの銘柄が値下がりし、トータルでもかなりのマイナスになった。

ドラフト(推)は予想に反して796▼21と大幅続落。強きを助け弱きをくじく相場になっているので、こうした動きが弱いと判断された銘柄には売りがかさみ、予想外に大きな下げになることもあるということだろう。まあしかし、こんなくらいでくじけちゃいけないのは、言うまでもない。谷深ければ山高しで、近々いいことがあるとみて泰然自若としていよう。

セレンディップ(推)は昨年来高値を更新する2394△74まであって終値は2292▼28。2300円台後半では、それなりに売っておきたかったところだが、なかなかそれができないのが相場である。私なども、雀の涙程度を売ったに過ぎない。

AMG(推)はかなり高いところもかなり安いところもあって、結局2245▼4。

内外テックは3485△255(スタンダード値上がり率30位)。推奨後、かなりの期間、鳴かず飛ばずのレンジ相場だったわけだが、ここにきての動きは同じ株とは思えない凄さで景気よく上げる。私はこういう場合流れに任せる方で、虎の子の1000株は持続中。

今の相場は、主力株優位のなるか小型株優位になるかに、ほとんどがかかっている。
2.28日、29日が小型株優位、3.01日、04日が大型株優位となったわけである。
焦らず、潮目がこちら側に変わるのを待とう。

3月04日 23時38分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4790-afd0ab65