fc2ブログ
相変わらず分かりにくい相場が続く。
主力株か小型株か、半導体などグロース株かバリュー株か
といったことが、日替わり的にころころ変わる。このため①主力株だけ買われ日経平均は暴騰しているのに、持ち株は、あるいは小型株やスタンダード、グロースの銘柄は大半が値下がりといった事態が、頻発する。逆に②日経平均はマイナスや小幅高なのに、持ち株は、あるいは小型株やスタンダード、グロースの銘柄は大半が値上がりといったことも同様、結構起きる。
3.01日は①のケースで、日経平均は744円=1.90%の暴騰になったが騰落銘柄数は値下がり805、値上がり805と全く同数。
スタンダードは0.09%安、グロースも1.05%安だった。
半導体関連株が軒並み上げ、業種別では電気機器や機械が買われたため、日経平均やTOPIX(1.26%高)は大幅高となったが、騰落銘柄数ではプライムが同数、スタンダードやグロースは値下がり銘柄の方が、かなり(スタンダード)、あるいははるかに(グロース)多かった。

道場銘柄は、こういう相場に弱い特性を発揮して、トータルでもかなりのマイナスになった。

ただ、これは2.28日、29日と、道場銘柄が大きく上げた反動が出たということが大きく、そう気にすることはなかろう。

ドラフト(推)は前日の急落に続き810円まであって817▼8。反転は近いとみている。

AMG(推)も2211▼88まであって2307△8まで戻し終値は2249▼50。ここ6連騰で350円以上も上げた後の当然の小休止。依然、超割安という評価にいささかの変化もない。とりあえずは2500円どころを目指すとみて対処。

久世(推)、クリアル、建設技研(推)、九州リースなども下げた。

セレンディップ(推)は安くなる場面もあったが切り返し2320△54の高値引けで連日の昨年来高値更新。

九州FGは1171.5△44.5。ほくほくFGも上げており、TSMC、ラピダスがらみの銀行株の強さが際立つ。

日経平均先物は40190円と大幅高、軽く4万円台に乗せてきている。アメリカではNYダウが0.23%の小幅高なのに対しNQ指数は1.14%の大幅高。このため03日の日本株も半導体などハイテク株中心の上げになる可能性が大きそうだ。
それはいいとして小型株売りに走るのだけはやめてほしいものだ。

3月03日 23時37分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4788-baa33abb