fc2ブログ
この3日間、株から離れて生活していて、今ようやく復帰し、新聞を読んだり、株価がらみの数字をチェックしたりしている段階なので、08日(金)の相場等について書くのにはやや無理があり省略させていただく。

いずれにせよ、世界が利上げに向かうかという、まさにその時に、日本はようやく、マイナス金利から決別しようかという状況に、、現在なってきているわけである。
こうした局面で、利上げに向かう(と言うのはやや言い過ぎだが)国(日本)の株が一時的に売られるのは、通常避けられない。それが08日の下げだったと言っていいだろう。
ただ、日本がマイナス金利から脱し引き締めの方向に向かうのはかなりの程度と言うか、ある意味100%予想されていたことであり、実際のところは、そう悪材料ではない可能性が十分あろう。日銀が、どういう手順で、市場と向きあい、マイナス金利からの脱却の「出口戦略」を実現するか、その手腕が問われることになる。

08日の日経平均は588円=1.76%安だったわけだが、その後の同日のNYダウは130ドル=0.36%高、NQ指数は0.44%高だった。
これを受けて日経平均先物は187円=0.58%高となっている。
とりあえず、日銀の植田総裁発言ショックは尾を引かず、こういうことになっているわけである。
為替、特に対ドル相場も含め、市場がどう動くか、相場の強弱、物色動向等、じっくり見極める必要がある。

12月11日 0時49分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4728-948bc220