fc2ブログ
06日の相場は先物の大幅高を受けて大幅高となった。日経平均は759円=2.37%高、TOPIXは1.64%高だった。業種別では非鉄金属の5.14%高を除くと、機械、輸送用機器、電気機器などの値上がりが大きかった。一方海運業が5.21%安となったのはともかく、銀行業の2.06%安が目をひいた。この日もファストリ、ソフトバンクG、東エレクのそろい踏みで日経平均だけ突出して上げたが、プライム全体では値下がり銘柄も372とかなりの数に上った。
スタンダードは1.17%高。グロースは4.01%高と急伸となった。

道場銘柄は銀行株が総崩れとなったため、一部銘柄が大きく上げたものの、トータルではプラマイ0程度になった。残念な結果になったが、ある程度予想されていたことで、ここまでの銀行株急騰の反動が一気に出たに過ぎない。銀行株は、こうした値動きを繰り返しながら、大きな流れとしては上昇を続けてきた。今回も、アメリカが利上げ打ち止めでも、日本はゼロ金利終了、利上げの流れが変わらない以上、銀行株相場も、なお当分続くとみていいだろう。

連日、銀行(地方銀行)各社の業績の上方修正が続いているが、06日もスルガ銀行と福島銀行が、ともに9月中間期決算の大幅上方修正を発表した。PTSでは福島銀行292△16、スルガ銀行664△16となっている。

こうなると、残るところも8割から9割がた、上方修正に進むとみていいだろう。それも07日とか08日だろう。そこでしない場合も7日から14日に決算発表なので、そこで発表(「業績予想値と実績値との差異に関するお知らせ」という、姑息と言うと言い過ぎだが、困ったやり方で発表)することになろう。

業績予想の変更をしていない道場銘柄

名古屋銀行 6040▼90
大垣共立銀行(推) 2106▼24
山梨中央銀行(推) 1963▼15

道場銘柄以外で気付いた妙味のありそうな銘柄としては
7167 めぶきFG 455.5▼7.5
7337 ひろぎんHD 972.1▼9.8

建設技研(推)は4780円まであって4750△235。
年初来高値にあと5円に迫り、引け新値。ようやく眠りから覚めたようだ。

クリアルは3385円まであって3325△225。反転上昇相場入りかの正念場を迎えたようだ。

AMG(推)は「ある日突然、うれしいことになるかもしれない。」と10.30日に書いたが、1915△46の高値引け。業績好調はお墨付きのうえ、底値鍛錬もじっくりしてきたので、ここからは期待できそうだ。大きく下げたように感じるが、年初来高値は9.25日につけた2079円だ。時価1915円からとんでもなく離れているわけではない。1950円以上になり、同社がTSMC関連と分かれば、一気に高値更新もあり得よう。

11月07日 0時06分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4703-10a94340