fc2ブログ
06日の相場は日経平均は小幅安の一方、TOPIXはわずかながらもプラスだった。大型株指数のみマイナスで0.15%安だったが、小型株指数は0.61%高だった。騰落銘柄数も値上がり1284、値下がり507と、値上がり銘柄の方がはるかに多かった。
スタンダードは0.37%高、グロースは0.14%高だった。

道場銘柄は値上がりする銘柄の方が多く、トータルでも、それなりのプラスになった。

久世(推)は2152円まであって2119△168(スタンダード値上がり率8位)。正直な話、ここまで戻すとは思っていなかったので、私は、ここにきてかなり持ち高を減らしてきた。ただ、慎重に行くなら、こういう行動になって当然とも言え、とんでもない行動をしたわけではなく、嘆くほどのことではない。そしてまだそれなりの株数は保有している。ここまで戻すと、今度は2220円高値奪回の可能性も出てくるわけで、相場は相場に聞くでいくしかない。

オーケーエム(推)は1368△36と続伸、建設技研(推)も4475△95と続伸した。

銀行株は前日に続いて、ほとんどが上げた。日本では金利がじりじりと上昇してきており、銀行株に関しては、基本的に強気でいいだろう。

ビーイング(推)は3100円まであって2975△130(スタンダード値上がり率6位)。

クリアルは3290▼180と、ここにきての安値を更新。前社長で筆頭株主の徳山明成氏の売りが継続していることも、異様な下げの背景にあるのかもしれない。徳山氏が現社長の横田氏と交代した経緯が明らかでない(ようだ)が、これも疑心暗鬼を誘うところか。しかし、こういう一時的需給関係の悪化は、そう気にすることではなかろう。

カナモト(推)は2493▼17で2500円大台を割った。半導体がらみの設備投資は、国策もあって増加が顕著だ。北海道が地盤のカナモトには建機レンタル等の受注が増加しており、2024年10月期業績は予想以上に良くなるのではないか。自社株買いという材料もあるが、これについては後日。

現在、NYダウは小幅安、NQ指数は0.6%の値下がりだが、06日(金)はNYダウ、NQ指数とも大幅高、特にNQ指数は1.6%もの上げとなっている。
こうしたこともあって、日経平均先物は、現在80円(0.3%弱)の値上がりとなっている。

10月09日 23時17分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4684-a5c1d34c