fc2ブログ
依然、弱い相場が続く。04日の相場は前日のアメリカ株の下げ(NYダウ0.45%安、NQ指数1.72%安。ともに4立会日続落)を受けて、大きく下げた。日経平均は464円=1.68%安、TOPIXは1.29%安。

道場銘柄も大半の銘柄が下げた。朝方(寄り前)の気配を見ると、小型株の場合、最近は次のようなケースが多い。成り行きで1000株前後の売りが出ていて、対する成り行きの買いは100株とか200株で、その結果、気配は前日の終値が1300円の株とすると、かなり安い1260円前後。
これが、最近の傾向のわけだが、これの意味するのは、売り圧力はそれなりに強い一方、買い意欲は乏しいということだろう。また1日を通しての出来高も少なく、ために、ちょっとした売りで大きく下げるといったこともよく起きる。

さて、今後の展開がどうなるかである。
NYダウは03日で4立会日続落となったわけだが、実はその前は10.21日から28日まで6立会日続伸だったことを忘れてはいけない。要するに、日本株にもそういう傾向が無きにしも非ずだが、とかく、このように、一方的な動きになりがちなので、その場その場の数字で短絡的に強気になったり弱気になったり、ころころ変わることは、厳に戒めなければならないということである。

金利と景気という2つの要因で、アメリカの、そして日本の株価は動いて(振り回されて)いるわけだが、この2つ、好悪どちらに振れるか分からない数字が出るので、臨機応変に対処するしかないわけである。

04日のNYダウは402ドル=1.26%高、NQ指数は1.28%高だった。
連れて日経平均先物も280円=1.03%高になっている。
07日の相場は、それなりに期待できるか。

11月06日 23時14分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4428-28ecdcbf