fc2ブログ
15日の相場は主力大型株中心に上げた。日経平均は324円=1.14%高、TOPIXは0.60%高だった。ただ、この数字は東証全体の動きを全く表していない。それを如実に表しているのが騰落銘柄数だ。プライムの値上がり数は841、値下がり銘柄数は912で、値下がり銘柄の方が多いのである。のみならず、スタンダードもグロースも値下がり銘柄の方が多い。

注=マザーズ指数は依然発表されているが、私も今日初めて知ったのだが、今や東証マザーズ市場というのは消滅したようなのだ。プライム、スタンダード、グロースに仕分けされた段階なのだろうが、マザーズ銘柄はこの3つのいずれかに振り分けられ、よって今、マザーズ市場には銘柄は存在しないということのようだ。詳細は私も承知していないし、調べていないので、上記の説明はやや怪しいところもあろうが、基本的には、そういうことである。
だから日経新聞を見ても朝日新聞を見ても、マザーズの株価欄は今ない。

にもかかわらず、日経平均もTOPIXも、プライムも、スタンダードも、グロースもすべてプラスになっているのには、恐れ入る。日経平均の上げが特に大きいのはソフトバンクGが5.17%も上げたため。

こういうやや不向きな地合いだったわけだが、道場銘柄は、かなりの上げとなった。

メルディアは839円まであって835△9と12連騰。近々一息入れるか、それとも好業績発表で連騰続きも気にする必要なしでなお突っ走るか、微妙なところだが、いずれにせよ、素直に、業績、ファンダメンタルズ、PER等をキチンと調べれば、株価は依然超割安は誰の目にも明らかで、とりあえずは943円(2021年11.04日)を目指すとみておけばいいだろう。

JP HD(推)は278円まであって275△5。300円目標(キリがいいのでこういっているだけのようなところもあり330円とかがないと言っているわけではない)でいいだろう。

エスプール(推)は1101円まであって1094△8。上げるとすかさず売りが湧いてきて素直に大幅高とはいかないが、焦らず1100円大台替わりから一段高を信じて持っていよう。

クレステックも1455△27と上げたが、引け後の決算発表で事態は暗転(これについては最後に)。

好決算発表のスポーツフィールドは1788△300のストップ高。
リファインバースも大幅高だったが、こちらはこの日の引け後好決算を発表。PTSでは1851△328。

AMG、タカヨシ、日本エスコンなどは下げた。
AMGはこれで3日続落となったが、そろそろ買いでいいのではないか。私はこの日、少し買ってみたが、さらに下げて終えたが、心配はしていない。さらに下げるようならなお買い下がる方針。

【クレステックの決算】
7.22日に2022年6月期決算予想を上方修正している。経常利益予想は9.53億円→12.60億円。
そして8.15日(8.10日予定を直前に延期してこうなった)、引け後に22年6月期決算と23年6月期決算予想を発表した。
これがとんでもない内容だった。
22年6月期の経常利益は12.60億円予想だったのが、さらに上方修正となり13,60億円(直前の上方修正からさらにこれだけ食い違うのは普通はあり得ない)。
これに加わったとんでもないのが、23年6月期の予想が7.61億円というもの。
PTSでは1310▼145。好決算でも急落はよくあるから、これくらいの下げならまあいいかなのかもしれないが、決算の発表の仕方も含め、釈然としないのは、私だけだろうか。

23年6月期の大幅減益予想の原因の一つは、フィリピンの税制改正で連結子会社の付加価値税(VAT)の還付不能額が発生することである。ただ、これについては、会社も対応策をとるので、24年3月期にはかなりリカバーできそうだ。
もう一つは22年6月期は為替差益1.81億円を計上しているのに対し、23年6月期はそれがないこと。さらにチェックしていくと、想定為替レートはなんと1ドル125円だという。現在のレートは133.1円前後であるからとんでもなく円高を想定していることになる。
結局、為替差益が2億円前後出て、その他でもシビアに見すぎ(コロナの影響等)ているので、トータルでは7.61億円予想に対して3億円程度は増額になり23年の経常利益は7.61億円→10.5億円~11億円といったことになるのではないかと予想する。
24年3月期はフィリピンの税制改正がらみの損失もほとんど消え、13億円~14億円にまで急回復することも期待できよう。

8月16日 0時25分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4369-50925c0a