fc2ブログ
20日の相場は、前日のアメリカ株の急騰(NYダウは2.42%高、NQは3.10%高)を受けて、大きく上げた。日経平均は719円=2.67%高、TOPIXは2.29%高だった。
4.01日を基準日(基準値1000)に、プライム、スタンダード、グロースの各指数がスタートしたわけだが、その後、各指数とも軟調な展開をたどった。
中でも、スタンダード、グロースはともに一度も基準値の1000を上回ることができず、7.20日はスタンダード983.41、グロース883.22。
一方、プライムは、スタート直後の、4.04日、05日は1000を上回ったものの、その後は下回り、6.07日、08日、09日に上回ったものの、その後は再び下回っていた。それが、7.20日、1001.48△22.49と、上回ってきた。
要するに、プライムだけ頑張っていて、スタンダードも、グロースも、さらにはマザーズ指数も、TOPIXも4.01日基準で、かなりの下げになっているというわけである。なお日経平均は、ややプラスでプライムと全く同じと言っていい水準である。

そういうわけで、日経平均≒プライム指数以外は弱くこの間、小型株にはきつい展開が続いてきたという事実を、はっきりさせておきたかったわけである。

道場銘柄は、この日、何とかまずまずの上げとなった。

エスプール(推)は1050△43で、出来高もかなり回復、ようやく、本格的に出直る気配を強めた。

綿半(推)は1397△17の高値引けで、年初来高値を更新した。現在は道場銘柄ではないがコメ兵も3045円まであって2959△33で年初来高値を更新した。先行きの経済情勢が、コロナ深刻化もあって不透明で節約志向の高まりが必至の中、こうした銘柄に人気が集まりそうである。

オプテックスは2111△62と続伸、2165円の年初来高値を射程に入れてきた。

JP HDは258△2と続伸、年初来高値262円に肉薄した。私は懐具合の関係で一時かなり売ってしまったのだが、この日にかなり買い戻した。300円前後はあるとみているので、なおかなり買い増すつもりだが、株価がここからどう動くか。

クロスキャットは1023△15と続伸、完全に戻り基調に転じたように見える。

メルディアは703△5と反発、再び700円大台を回復した。6月決算なので、8.10日(前年はこの日だった)前後に本決算を発表する。問題は、その数字以上に2023年6月期の業績予想のわけである。大幅増益予想の四季報予想に比べどうなるか。

7月21日 0時21分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4349-e620763d