fc2ブログ
「IFISコンセンサス」が、いかにしようのないものかについてはすでに詳述した(「IFISコンセンサス」が当てにならないのはなぜか?マルマエの決算」2021年1.06日)ので、ご記憶の方もあろうが、新たな読者等でご存じない方も多かろう。そういう方はぜひ、この1年半前の記事を読まれたい。
エスプール(推)が、今日、引け後中間期決算を発表したわけだが、PTSで株価は大きく下げている(-5.5%前後)。そして下げの理由の大半が、決算数字がIFISコンセンサスに届かなかったことにあるように思われる(掲示板参照)。

では、IFISコンセンサスの数字と会社計画、四季報予想、実績を示し、いかにIFISコンセンサスがとんでもないものかを、誰の目にも分かるように、白日の下にさらそう。正直、私は、怒っているのである。大統領就任式典か何かで、閑古鳥が鳴いているのに、どうだ、この大観衆は!的な態度をとったトランプ大統領(当時)に対してのように。
数字の単位=100万円      
       
         1Q 中間  3Q累計 通期
IFISコンセンサス 480 1626  2536  3550
会社計画  ー      1373   ー   3176
実績       667 1568   ー   ー


中間期の経常利益が、IFISコンセンサスの1626に届かなかったと大騒ぎになっているわけだが、この、IFISコンセンサスの数字を見ていて、何か気づかないだろうか。世に横行するインチキ商法に騙されないためにも、この数字のいかがわしさにも、どうか気付いてほしいものである。

各四半期(1Q、2Q、3Q、4Q)のIFISの予想経常利益を見る(上表の数字を使って簡単に算出できる)と、
1Q= 480
2Q=1146
3Q= 910
4Q=1014
となる。
私の言う「いかがわしさ」がお分かりいただけただろう。
1Qが異常に少なく、2Qが逆に異常に多いのである。
そしてその異常に少ない予想だった1Qの480は実際には667になり天下に恥をさらしたわけである。
そして今回、2Q予想1146(2Q累計=中間では1626)に、実績が届かないと掲示板で盛り上がっているわけだが、IFISの数字がとんでもないのだから、届かないのが当然なのである。

       
         1Q 中間 3Q累計 通期
IFISコンセンサス 480 1626 2536 3550
四季報   ―  1530  ―     3500
鎌倉雄介  ―   ―   ―    3600

要するに、IFISは、何を勘違いしたか(1Q予想を大きく外したため、焦って2Q(3-5月期)を一気に大きく増額した?)2Q累計=中間期予想をとんでもない大きな数字にしただけで、通期予想に関しては、四季報予想とほとんど同じなのである。
今日の中間決算の数字を踏まえた私の予想は今期の経常利益は36.00億円である。
会社は通期予想を変えていないが、これはクレステックなども同じで、日本の特に中堅以下の企業の性とでも言うべき行動様式とあきらめるしかない。間違いなく、エスプールもクレステックも早晩、大上方修正に進むはずである。
おかしな情報に惑わされず、好決算だったことに確信を持って行動しよう。

相場全般については、深夜、これに続ける形で。校正もその時に。

7月05日 23時07分記

アメリカ株が急落している。現時点でNYダウは700ドル近い(2.2%台)下げ、NQも0.9%弱の下げとなっている。
つれて日経平均先物も450円(約1.8%)の下げとなっている。
ほんとにそれどころじゃないわけだがそれどころじゃないわけだがないわけだが)、大幅高、大幅安が交互に繰り返されるのが、今の相場である。
最後がどうなるか全くわからず、ぶん回されるのが、我ら投資家であり、覚悟をもって臨むしかない。

私なども、そろそろ、綿半(推)、シダックス、JP HD、ビジネス・ブレークスルー、メルディアあたりに資金を一層集め、勝負に出ようかなどとも考えていたわけだが、とりあえずは、また形勢観望と行くしかなさそうだ。

7月06日 0時11分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4338-04cbd1ec