fc2ブログ
23日の相場はNYダウ先物が上げていたこともあって、かなりの上げになった。日経平均は262円=0.98%高、TOPIは0.92%高だった。
マザーズ指数は.2.67%高。

道場銘柄は、やや上げるものが多い程度だった。

エスプール(推)は1261△26で寄り付いたが、寄り天になり1224▼11まで下げる場面があって終値は1250△15。
新規事業の広域行政BPO、環境経営支援サービスがともに今期に入って驚異的増収になっている。このため、今期業績は第1四半期で通期予想を大きく上回る経常増益になったわけだが、通期ではさらに大幅な増益になるとみるのが妥当だろう。加えて、会社は、この新規事業を今後の成長戦略の柱に据えており、投資家は、同社への見方を大きく変える必要がある。
このように考えてくると、株価はかなりの上値が期待できるのではないか。

オプテックスは5.19日の1942△37を受けて
>2000円大台乗せから本格的大相場の可能性もなくはないのではないか。
と書いたわけだが、20日は2040△98と一気に2000円大台乗せを達成した。23日は2082円まであって2011▼29と反落。ただ、これは5.10日の1633円から一気に450円近くも上げた後の当然の微調整に過ぎないだろう。
第1四半期は経常53.7%もの増益で、通期の18.9%予想(会社)は大幅上方修正必至だろう。なお岩井コスモ証券が「A」継続、目標株価は1900円→2250円に引き上げている。2021年1月に2122円をつけているが、当面はこれの更新が目標になるが、そのあとは2250円前後も期待できよう。

アドベンチャー8760△630、ブロンコビリー2393△29のほか、コシダカ、串カツ田中等、アフターコロナ銘柄は大半の銘柄が上げた。GW明け後も、コロナ感染状況は沈静化しており、これが追い風になっている。

5月24日 0時07分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4301-7a5e08dc