fc2ブログ
いやはや、とんでもない相場が続く。私など、有言実行を旨とするから、かなり前から持ち高も大きく減らしていて、信用取引の委託保証金率も、ネット証券、伝統証券とも40%前後と、私としては空前の高い率になっている。だから、今日(12日)程度の下げでも、そう資産が目減りしないはずなのだが、実際は、本年最大級の目減りとなった。保証金率も一気に33%台に急落したのには、恐れ入った。
持ち株の多くが2%台から5%台、平均して3%強くらい下げているのだ。日経平均の下落率の2倍近くになる。小型株指数は大型株指数の1.4倍くらいの下落率だが、それでも1.58%である。大幅安の原因は東証グロースにあった。これの下落率は5.95%にもなる。マザーズ指数が-6.07%だから、下落率はほぼ同じだ。と言うか、マザーズ銘柄はかなりがグロースに移っており、結局
グロース≒マザーズなのである。
要するに、と言うわけで、小型株をメインに運用していると、本日は3%強くらいの下げになったというわけである。

昨日あたりで、いくら何でも、もうそろそろ売り飽き気分も台頭するかなどとも思わないでもなかったのだが、そうは甘くなかった。
ネットでアメリカ株に関するニュースを見ていたら「米国株、ダウ続落で始まる。ハイテク株に損失覚悟の売り続く。」とある。スパンをもう少しとればNQの下げはもっときつかったわけで、この影響も受けるので、日本株もなかなか下げ止まらないわけである。

メルディアは679▼8で始まり655▼32まで下げたので、あれだけ説明してもダメ決算の扱いになるのかと嘆きかかったら大きく戻し結局682▼5の高値引け。
一方、クレステックなどは全般、大きく下げて始まる銘柄がほとんどの中、1475±0で始まったのだが、寄り天で1391▼84の安値引けとなる体たらく。
AMG(推)も977▼15で始まり989▼3まで戻し、後場後半までその辺を維持していたのに引けにかけ急落、終値は949▼43。
要するに、一寸先は闇の分かり難い相場が続くわけである。

5月13日 0時07分記



Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4293-a0279006