fc2ブログ
09日の相場は、前日のアメリカ株の大幅高を受けて、幅広く値上がりした。日経平均は295円〈1.08%〉高、TOPIXは0.94%高だった。大型株指数より、小型株指数のほうが値上がり率は大きかった。
JQ指数は1.11%高、マザーズ指数は2.46%高だった。

道場銘柄は、ほとんどの銘柄が上げた。
AMG(推)は1052△8と4連騰、終値としては1.05日以来の高値となる。10日の決算が命運を決する。
メルディアは09日の決算期待もあってか728△15の高値引け。
その決算(引け後発表)、2021年6月期の中間決算だが、経常利益は前年同期比39.9%減、通期業績予想(前年同期比3.9%増益)は据え置いた。
すわ、ひどい決算と早とちりする方が続出しそうだが、決算短信にもあるように、計画通りに進んでいる決算内容だったのである。

>物件の引渡時期等により四半期毎の業績は大きく変動
偏重度合いも期によって異なる⇒過年度の業績と同様の傾向にならない
※当期は、特にマンション販売において下期に偏重する計画

「決算説明資料」には、上記のような説明がされている。分かりやすい例で説明すると、マンションは上期(中間期)では売り上げは0だった。下期に予定戸数全部を計上する予定であり、その全戸(計321戸)とも契約締結済みで、しかも149戸は竣工済みでさえある(残りは2月と3月に竣工予定)。事程左様に、業績は計画通りに進捗しており、心配は一部物件に期ずれが起きたりしないかくらいなものだろう。

イーグランド(推)は1423△14。貸借倍率も、ここ改善傾向にあるが、株価が1500円台にあったころは1倍割れだった。現在は2.04日の2.08倍から1.13倍まで低下してきている。

クロスキャット(推)は1615▼22まで下げる場面もあったが1664△27の高値引け。やきもきさせてくれる銘柄だが、この日はいい結果で終わってくれた。

アメリカの利上げテンポが一部に言われているほど乱暴なものではbなさそうと安心感も出てきたようで、ここ売られていた半導体関連は、一転、全面高になった。マルマエ2490△134、テクノスマート1239△23、三社電機814△23。

基調は好転の方向だが、物色動向がどうなるのかは、再び混沌としてきた。注意深く株価動向を見ながら、日々判断していくしかなさそうだ。

2月09日 11時53分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4215-3d3df25d