fc2ブログ
1.05日~11日までの4立会日通算で、道場銘柄は、日経平均やTOPIXの下げを大きく上回る下げとなった。小型株の下げがきつかったのが主要原因だろう。12日、13日は逆に、12日は大きく上回る上げ、13日は日経平均・TOPIXとも大きく下げる中、逆行高した。14日は日経平均は365円(1.28%)安、TOPIXは1.39%安だったが、道場銘柄は、全体として比較的小さな下げにとどまった。前々稿の見出しに出したタカギセイコー(推)、クレステックがともに1%近い上げとなったためである。

このように、年初、不調だった道場銘柄は、12日以降、復調の気配を見せているわけだが、来週以降、この流れを維持できるか。
ここグロース株(成長株)の下げがきつく、逆にバリュー株(割安株)の上げが目立つ。私は、このグロース、バリューの区分けにあまり納得していないこともあって、十分理解できていない点もあると思うが、ともかく、アメリカを含め、そういう流れが強まっているのは事実で、日本製鉄、三菱重工、三菱商事、三菱UFJ銀行、郵船といった銘柄の上げが目立ち、半導体株などハイテク銘柄の下げが目立つわけである。
この流れが、今後も続くのか、なお予断を許さないが、いずれにせよ、そういう物色動向については、十分、注意を払っていく必要がある。

こうした流れとも連動しているのだが、ここ為替が大きく円高に振れた。1.12日、ティアックを取り上げた時点では1ドル115.4円前後だった。それが一時は113円台まで円高に振れた。
それもあってか、ティアックは14日は167▼16まで急落、終値でも169▼14と大きく下げた。激しすぎる値動きに眩暈や脳震とうを起こしそうな方もありそうだが、心配無用とみる。
とりあえず最新の為替相場は1ドル114.221円と、やや円安になり、14日のアメリカ株もハイテク株の多いNQが上げ、バリュー株の比率の高いNYダウは下げている。PTSも170△1。
私は月曜、あまり高くなく始まるようなら、それなりに買い増そうと考えている。調べれば調べるほど、この会社の未来は明るいと思えてくる。いずれタイミングを見て、そう判断する根拠を書く予定だが、とりあえずは、ここは買い増しのチャンスとみる。

物色動向が読みにくいので作戦も立てにくいが、そうした中で、ティアックとともに狙ってよさそうなのがタカギセイコーだ。1.07日から3日続落したが13日には早くも反発、14日も2024△14と続伸した。
トヨタをはじめ、自動車各社がEV化に大きく舵を取る中、車両の軽量化は最重要課題の一つであり、また焦眉の課題だ。
犬も歩けば棒に当たるで、今同社HPを見ていて好材料を発見した。

「第12回 クルマの軽量化技術展」出展のご案内
株式会社タカギセイコーは、「第12回 クルマの軽量化技術展」に出展します。
展示会名:オートモーティブワールド2022(第12回 クルマの軽量化技術展)
開催期間:2022年1月19日(水)~ 1月21日(金)

展示内容
▶ 熱可塑性複合材料と高速スタンピング成形のご紹介
熱可塑性樹脂複合材製品 自動車用バンパービーム
熱可塑性樹脂複合材と発泡成形による軽量・高剛性化技術
熱可塑性樹脂複合材と金属部材によるマルチマテリアル複合体
NEW 軽量 電気自動車用バッテリーケース(試作品)

▶ ハイブリッド自動車用パワートレイン部品の機能性向上事例のご紹介
独自のインサート成形技術によるステーターコアと樹脂インシュレーターの一体化
独自のインサート成形技術による複雑バスバーの一体化

2023年度は「車両軽量化による採用増も支援。」(四季報)とあるが、上記のような新技術、新製品も豊富で、今後の同社の発展は大いに期待できよう。車両軽量化の本命銘柄の1社という評価が高まれば超低PERなので、大化けも十分あり得よう。
来期(2023年3月期)の予想実質1株利益は572.6円(12.29日の稿参照)なので予想実質PERは3.53倍にすぎない。多くの投資家がこれに気づけば、株価はとんでもないことになって、少しも不思議はない。車両軽量化という世界的な大きな流れに乗って技術開発面でもリードする企業の株価として、どうみても安すぎるという評価に誰も異存はないだろう。

メルディアは777▼7まで下げる場面もあったのだが、結局784±0。連騰後、かつ全般大幅安の中にあってこの動きは強いの一語に尽きる。上に行きたがっている流れを止めることはできないと読むが、果たしてどうなるか。

1月16日 23時16分記



















































































































Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/4194-993668b1