FC2ブログ
2011.04.29 相場の流れ
アメリカ株の堅調もあって28日の日経平均は震災後の高値を更新してきた。ただ2部指数はわずかながら下げたように、なお小型株は蚊帳の外状態だ。JQやマザーズは小幅高だが、これはネット関連などが高いためで、それをのぞくと、やはり弱い。

震災復興関連では、短期3倍化したオリジナル設計がなお下げ続け環境管理センターも同様だ。
一方、最近人気化した放射能防護に関連する銘柄群=アゼアス、日本鋳造、長瀬産業などは、なお上昇中だ。構造計画研究所は崩れ始めている。こうしためまぐるしい動きにもう少し早く気付くべきだったと悔やまれる。

さて郷鉄工だが、28日は115円まで下げて123▼2の引け。
なお予断を許さないが、一応、楽観的見方としては次のような見方が出来よう。
急騰後の安値113円を割り込まずにある程度戻した。出来高は52千株と25日のボトム47千株を上回るが、後場だけに限れば9千株に過ぎず1日18千株ペースでボトムとなったともいえる。
つまり、前に25、26日で、ミニマックス理論上、下値確認ではとしたのが、早とちりで、今回でようやくボトム確認となったのでは、ともとれる形になったということである。どうしても言い訳じみるので恐縮だが、こういうものは、後にならないと、はっきりしたことは言えないものである。今日時点では、前述のような見方が出来る、有力であるということと、ご理解いただきたい。

郷鉄工に限らず、小型のマイナー銘柄は、ここ主力株高騰の中、下げ続けているので、明らかに行き過ぎ、下げ過ぎが目立ち始めている。この意味でも、ここからは、弱気になる必要はないと考える。

ただ、もちろん、株は郷鉄工ばかりではないわけで、次なるヒーローを求めて行くことも重要だ。

前回、取り上げた5816オーナンバ、なお不安定な動きだが、28日は結局805△15で引けた。今期はエコポイント効果がなくなるので成長率鈍化が懸念されるわけだが、先日の前期業績上方修正の理由が、海外の好調であったことからして、心配無用だろう。となれば今期予想PER8倍弱の株価は魅力十分だ。昨年の安値比で2倍にもなっていないことでもあり、大きく相場を残しているとみる。
100株単位でもあり、とりあえず打診買いを入れ、買い乗せする作戦がいいだろう。4桁に乗せる場面があろう。もちろんさらなる上昇も十分ありうるとみるが。

4月29日 2時41分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/401-8646b503