FC2ブログ
ガイアの夜明けは、羊頭狗肉というか、とんでもない内容だった。日経系列だけあって『会社情報』と同じく低コストで番組を作るから、ああいうことになるのだろう。
オイルプラントナトリの広報番組じゃああるまいし。そもそも船から油を抜いてリサイクルったって、ガレキと関係ないではないか。それより何より社員3名とかのリサイクル会社のネットワークを作るとかいう会社、どこから利益をあげてるんだろう?わけの分からんひどい番組でした。まあプロジェクトXを3分の1の経費と時間でつくるお手軽番組ということでしょう。
見てない人には、わかりにくく失礼しました。

さて郷鉄工。最悪123円とみていたのだが、127円まであって133▼5の引け。
私がミニマックス理論と名づけた、株価のピーク・ボトムを考察する理論では、株価はピーク時出来高の10分の1~20分の1でボトムをつけるとみる。正確にはえてしてつける。前々回書かなくて恐縮だが、株価のボトムは実は出来高のボトムと1日程度ずれることがある。
4月21日の189円高値後の郷鉄工の出来高ボトムは25日の47千株、株価のボトムは26日の127円(26日の出来高は84千株)。26日の出来高が25日比増加したことで出来高のボトムが25日と確定(取りあえずだが)したわけで、これはいいこと。

絶対とはもちろん言えないが、この理論は、過去の例からして、かなりの高確率で、ボトムを的中させている(ただし主力株のような出来高が多い銘柄には、あまり使えない)。
私は、例によって歯を食いしばって、26日、128円から131円まで多少買っている。

26日、私が残りも537円で売り払ってしまったミツウロコは、高値593△77まであった。ここは風力発電に加えバイオマス発電会社を買収しているが、この材料で上げたと考えられる。そして同社にバイオマス発電会社を売却したファーストエスコ(マザーズ)もバイオマス発電再構築中ということで、ここ急伸している。

政府も「家屋の廃材などは粉砕して木材チップにし、斜面の緑化材料や、バイオマス(生物資源)由来の燃料として使う方向だ。」(日経26日朝刊1面)という以上、バイオマス発電の原料の木材を破砕する機械メーカーの郷鉄工が見直されないわけがなかろう。

4月27日 0時54分記


Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/399-e104c3d5