FC2ブログ
平均PERが60倍を突破していたバブル期とは比ぶべくもないが、それでも、ここにきての主力大型株やファストリの値動きを見ていると、多少の共通点はあるのかもしれない。

それにしても、ここ数日の相場は、小型株中心に運用する投資家には、対応が難しく、やってらんないよと思わず言いたくもなる。
下げない株エムスリーが下げ普通の株になったと思ったら、取って代わったのがオリエンタルランド。18日はついに昨年12.14日につけた18590円の上場来高値を更新する18640円まであって18355△175。
日経平均を引っ掻き回すのはファストリ、107350△4700と、これまた上場来高値更新中だ。日経平均堅調への寄与度は絶大だ。

日経平均は多くの銘柄が下げている中、独りプラスで推移していたが、さすがに後場に入ってはマイナスに転じ56円(0.19%)安で終えた。しかし値上がり銘柄406、値下がり銘柄1713とはかけ離れた小幅な下げ率だ。単純平均は1.03%安、小型株指数は1.40%安だった。
JQ指数は1.12%安、マザーズ指数は1.69%安だった。

道場銘柄も多くが大きく値下がりし、かなりのダメージを受けた。
パンチ工業が昨年来高値を大きく更新する614円まであって604△40(東証1部値上がり率10位)、前引け後に後述の発表をしたアクリートが1522△114(マザーズ値上がり率11位)と、大きく上げたが、焼け石に水だった。

>総合行政専用ネットワーク LGWAN(Local Government Wide Area Network)での SMS(ショートメッセージサービス)送信を可能とする「SMS コネクト for LGWAN」の提供を3月より開始

これまでほとんど押し目を入れず上げ続けてきた三菱Uリース、FPG、ケイアイスターなどは、さすがに一服となった。

テクマトリックス、Ubicom、アバントなどのIT、DX関連銘柄も、そろって下げた。
メック、帝国電機のような動きの悪い銘柄も下げた。

こうした中、出色の強さを見せたのがオープンドア、アドベンジャーの旅行関連。どちらも下げる場面もあったのだが切り返し、終値はオープンドア2429△34、アドベンジャー5290△10とプラス引けだった。
コシダカも、このところの動きは強いの一語で、この日も585円まであって564△7と6連騰。ラウンドワンも1127▼2と底堅い動きだった。

パンチのPTSの株価が怪しいことは前に書いたが、現在も600円まで下げていたのが614△10。出来高は400株にすぎないが、ともかく怪しい値動きでプラスになるのである。多少のリスク覚悟なら、大化け期待で、ここはなお持続か。注射器の思惑はなくとも、業績面からしても大化けの素質はあるのだから(2.10日発表の好決算を吟味されたい)。

現在、アメリカ株はNYダウ、NQとも大きく下げている。あまり下げ幅が大きくなければ、かえって小型株にはいいくらいだが、大幅すぎると、そうもいかない。いずれにせよ、にわかに荒れ模様になってきたので、用心して取り組みたい。

2月18日 23時51分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3918-389a5fec