fc2ブログ
今後の相場見通し及びそれを踏まえてのここから狙う銘柄については、前稿で書いたので未読の方は、ご覧いただきたい。

22日の相場は日経平均は125円(0.44%)安、TOPIXも0.21%安だった。ただ大型株、中型株の下落率は小さかったのに対し、小型株指数は0.50%安とかなり大きかった。
25日は小型株優位の展開を期待しよう。週末のNYダウは179ドル(0.57%)安、日経平均先物は41円安と、小型株にはまずまずの値動きだ。

道場銘柄はA&Dが1289▼99と急落、新コスモスも2389▼26と下げた。
マルマエ(推)も1350▼17と5日続落となった。前日急騰したアバント(推)も1230▼26と反落。

一方、テクマトリックスは2004△70と続伸、1.08日以来となる2000円大台回復となった。アクリートも1560△8と続伸、今後に期待を抱かせる動きだった。

UTグループは3370△70と5連騰。
出直り色を強めているアートスパークは2124△24で3連騰。

ケイアイスター不動産、三栄建築、フォーライフの戸建て住宅関連は、そろって上げた。

日本瓦斯(推)は、推奨後いいところなく下げ続け、私も穴があったら入りたいくらいの値動きだが、22日も一時は4930▼160まで下げた。ただそこから反転、5120△30の高値引けとなった。4930円で底入れした可能性大とみるが、どうなるか。1.28日が4-12月期決算の発表予定日。4-9月期が予想を大きく上回ったわりに通期予想の増額は小さかったことと今冬の低温で好決算が予想される。それでも決算では売られるケースが続出なので油断はならないが、こうまで下げた後なので、好決算に期待して決算マタぎスタンスで私は行くつもりだ。

前稿で挙げた半導体関連のメック、帝国電機、パンチ工業は、そろって下げたわけだが、ここは絶好の仕込み場になる可能性もあろう。ただし、地合いにも大きく左右されるので、慎重に判断するところではある。
私の今の見方としては、メックは1.14日の2626円高値から6立会日調整、値幅的にもかなり下げたので、打診買いをそろそろ入れてもいいかのタイミング。
帝国電機の場合は、やや動きが悪く、今後どうなるかの判断が難しいので、とりあえずは値動きを注視していて、そのうえで判断を下す。
パンチ工業はずっとボックス圏の値動きを続けていて、どこかで吹っ飛ぶ可能性は十分あるが、なおしばらくは不発の可能性もかなりある。低位でもあり、わずかだけでも買っておいて、上っ放れしそうになったら追加買いの構えで。

1月24日 23時51分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3892-0826f216