fc2ブログ
なんともはやという相場が続く。理に合わぬ相場なので、対処の仕方にも困るわけだが、まあこういうこともあるわさと受け入れるしかない。
前日、好決算を発表したSERIOだが、この日の株価は売り気配から1200▼86で寄り付いたが、その後も軟調で安値では1098▼188まで下げる惨状。終値は1131▼155。前日のPTSでは高値では1400円近くまであったと記憶しているが、いったい、この差は何なんだと言いたくもなる。
乱高下は比較的大型の銘柄にもおよび、明電舎なども、ここ9連騰して大きく上げたわけだが、1.14日2702▼145、15日2508▼194と2日連続で大幅安となっている。
相場が高値圏にあって警戒感が強いためだろうが、ともかく株価の振幅が極端に大きくなっているので、そういう現状をしっかり頭に入れて、軽挙妄動しないようにしよう。

厳しい状況で、気がめいっている方も多かろうと思い、今日はちょっといい話があるので、急遽、これを書いている。

マルマエ(推)が引け後、12月度の月次受注残高を発表した。半導体分野が絶好調のわけだが、受注残高は前月比10.9%増、前年同月比41.6%増だった。全分野計でも、それぞれ6.9%増、18.7%増だった。
「月次受注残高の概況」という説明も付されているわけだが、ここの記述も明るい話ばかりだが、それも月を追うごとに明るさが増している。
よって今期業績の大上方修正は必至だろう。さらに来期以降の業績の向上も当然期待できる。1500円乗せ~1800円とかさらに上を目指そうという私の見通しは当たる可能性大とみる。あまり当てにならないがPTSではかなり上げている。

三菱UFJリース(推)が、理由は分からないが、PTSで大商いになり上げている。高値では543.1△20.1まであって530△8。出来高は、ここまでに9600株に達している。

1月15日 23時38分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3883-e86ebb4c