fc2ブログ
23日の相場は、期待どおり小型株優位の展開となった。大型株指数が0.09%高にとどまったのに対し小型株指数は0.59%高だった。日経平均は88円(0.33%)高、TOPIXは0.23%高だった。
JQ指数は1.02%高、マザーズ指数は2.12%高。

道場銘柄は、前日とは打って変わって大半の銘柄が上げた。ただし上昇率的には前日の下落の半分弱程度の銘柄が多かった。

マルマエ(推)は1302円まであって1293△20。前日の下げ分以上の値上がりで、強さを見せつけた。なお、この日は半導体関連はほぼ全てと言っていいくらいの銘柄が上げた。東京応化、太陽HD、ジ―エルサイエンス、内外テック、岡本工作も上げた。
時々は弱さも見せるが、やはり半導体株は強く、以前から言っているようにポートフォリオの一角に加えておくことは必須である。

Nフィールド(推)も855△23まであって848△16と、4日ぶりに反発した。十分下げた後であり、また期末の優待・配当取りの買いも期待できるので、この水準は、なお買いのチャンスだろう。私はこの日、828円、830円で少し買い増した。

エー・アンド・デイ(A&D)、SERIO、Ubicomも上げたので、新四季報銘柄の6銘柄は、すべて上げたわけである。
エー・アンド・デイについては後で述べるとして、Ubicomについて書いておこう。3590△135と前日の125円安以上に上げたことに注目。AIによる自動判定が注目点で、急成長ぶりからして、ここから大きい気がする。
なおAIによる判定では、テクマトリックスにも注目だ。この日は2054△46と反発、出来高も12.01日以来の多さになった。人気復活となれば、いろいろ材料も言われるようになろう。

新コスモス電機は2350△173まで急伸したのだが、さすがに利食い売りも増え、一時は2081▼96まであって終値は2159▼18。浮動株が少なく、板も大きく開いていることが多いので、慎重派・堅実派の方には勧めないが、出来高が増加、状況が以前取り上げた時とは変わってきたので取り上げる。相場はここからがいいところではないかとも思う。これでもかと言わんばかりの数多くの好材料があるが、ここでは「三密おしらせシステム 換気予報」を11.10日から販売開始したことだけを書いておこう。コロナとの戦いは、ワクチンで簡単に一丁上がりとはいきそうになく、こうしたいろんな対策が一段と必要になろう。
エー・アンド・デイのパルスオキシメータも、その一つであり、こちらも今後売り上げは大きく伸びよう。コロナの感染拡大で看護士の加重な負担が問題になっているが、パルスオキシメータは指に挟んでおくだけで、動脈酸素飽和度(SpO2))と脈拍数を測定、医療現場に無線通信で伝えるので、医療現場の効率化・負担軽減に役立つわけである。またホテル等で療養中のコロナ患者の容体急変にも対応できる。

新コスモス電機  株価2159円、来期予想実質1株利益178.1円、PER12.1倍
エー・アンド・デイ 株価1101円、来期予想実質1株利益146.1円、PER 7.5倍

両社とも業績絶好調、今来期とも史上最高益を更新予想である。材料も豊富で成長力も文句なしなわけだが、PERはそれぞれ12.1倍、7.5倍と、信じられないような低さだ。どちらも株価倍増となっても、何ら不思議でない。

12月24日 0時13分記

追記=アートスパークの株価が23日2163△88と上げその後のPTSでは2245△82と続伸となっている。
>マンガ・イラスト・アニメーション制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の全世界における累計出荷本数が 1000 万本に
という23日場中と思われるニュースリースが好感されているようだ。(0時26分記)
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3858-66afcdbb