FC2ブログ
03日の相場は幅広く買われ7.31日の大幅安のかなりを回復した。日経平均は485円(2.24%)高、TOPIXは1.78%高。規模別では小型株の上昇率が大きかった。
JQ指数は1.65%高、マザーズ指数は3.84%高だった。

当道場銘柄は大半の銘柄が大きく上げた。
東証1部の値上がり率ではワンツーフィニッシュ(ITメディア、アイ・エス・ビー)、ストップ高も2銘柄(同)あった。

新型コロナが依然予断を許さない状況のため、コロナ追い風銘柄の強さが目立った。

マキヤ(推)は1208△89(JQ値上がり率24位)の高値引けで連日の年初来高値更新。
カンセキも3270△2459(JQ値上がり率21位)の高値引けで連日の年初来高値更新。
ショーエイ(推)も1063△100の高値引けで連日の年初来高値更新。
この他、いなげや、アークランドサカモト、大黒天物産、DCMなども上げた。

ITメディア2205△400(東証1部値上がり率2位)、アイ・エス・ビー2704△500(東証1部値上がり率1位)は、前日の好決算を好感して急騰した(ともに年初来高値更新)わけだが、前日の場中に好決算を発表したものの伸び悩んだインフォコムも、3510△160と上げ年初来高値を更新した。
期待外れの決算を前日発表したNECはPTSの下げほどではなかったが5470▼420。
なお決算では悪いニュースがある。
シグマクシス(推)が引け後2021年3月期第1四半期決算を発表した。ちょっとすぐには判断が難しい内容だったが、よく分析すれば2021年3月期予想の数字は、四季報予想とほぼ同じで、そう騒ぐような内容ではない。加えて発行済み株式の1.93%にあたる40万株の自社株買いを発表した。それでもPTSでは1425▼183。04日は朝方叩き売る愚だけは避けたい。なおNECにしても寄り付き値(5270円)からは大きく戻して終え、その後のPTSでは5545△75。

当道場銘柄ではないが、好決算だったSGホールディングスがストップ高、ファイズHD、遠州トラックのアマゾン関連も大幅高した。道場銘柄でもC&Fロジが1665△111と急騰した。巣ごもり関連として、こうした運輸株にも注目が集まってきたわけで、ほかに出遅れの面白い銘柄はないか、私はこれから探してみようと考えている。

派遣業界は先行きどうかと思わせる動きだったわけだが、この日はそういう懸念を吹き飛ばすような上げを演じた。
UTグループ2336△203、ディップ2093△104、エスプール682△26。

冴えない動きが続いた銘柄にも大きく戻す銘柄が続出した。歯愛メディカル(推)、ウィザス、東京応化、平山HDなどである。

道場銘柄の決算発表予定日を示しておこう。

04日=マキヤ、いなげや
07日=ユーザーローカル、ショーエイ、CBグループ
11日=歯愛メディカル、デジタルハーツ、ヤオコー、GMOインター、ウィザス
12日=オーシャンシステム
14日=平山HD

8月04日 0時20分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3737-2b4da08d