FC2ブログ
09日の相場は、ここ数日の反動が出て、主力大型株のみが買われ、それら以外の銘柄は総崩れとなった。
日経平均は91円(0.40%)高、TOPIXは0.00%高だったものの、プラスだったのは大型株指数だけである。単純平均は下げ、騰落銘柄数は値上がり594に対し値下がり1498だった。
JQ指数は0.33%安、マザーズ指数も1.00%安だった。
2部を含め、全市場とも、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数の2倍超になった。要するに東証1部の日経平均採用銘柄中心に大型株が買われただけで、各市場、大半の銘柄が下げたというのが、09日の相場だった。7.02日の、あのいやらしい相場をちょっと思い起こさせる相場だったわけである。

大黒天5730△430、アセンテック4150△385、ディップ2203△95(高値は2323円)と、材料の出た銘柄は、堅調を維持して終えた。
東京応化は安寄り後140円安まであったのだが切り返し5690△30、NECも5580△10と上げた。東証1部の比較的大型の銘柄であったことが良かったのだろう。

インフォコムは一気に年初来高値を更新する3260円まであって3220△155(東証1部値上がり率20位)。電子コミック好調で、今後も高成長が期待できるにも拘わらず、来期予想実質PERは21.9倍にすぎない。30倍に買えば4413円になるわけで、人気次第では、ここから大化けも十分あり得よう。
ATメディアも1922円まであって1900△57と年初来高値を更新した。
「新四季報銘柄」では、この2銘柄及び東京応化が出世株レースの先頭にとりあえず立った感じだ。
その他銘柄は、地合いもあってか、もたつきが目立つ。ファーマフーズ、べクテル等である。
アークランドサカモトは1796▼53まで急落する場面があったのだが終値では1848△36と反発した。読みにくい動きが続くが、基本的には上だろう。

これら以外の銘柄は、大半の銘柄が下げた。
歯愛メディカル(推)は4230▼140。これで急騰後3日続落となる。10日こそ猛反発しそうな気もするが果たしてどうなるか。
ウィザス(推)も相変わらずもたついているが、こちらもそろそろか。

マキヤ(推)は912▼23まで突っ込んだが引けにかけ戻して924▼11。大黒天を含め、類似業態の企業の好決算が相次ぐ。巣ごもりで割安な日用品を主力とするところに客が殺到、広告・値引きなしで前年同期の2割増しとかが売れるのだから、業績が予想外に上振れするわけである。決算発表は8.04日と、まだかなり先だが、先取りする形で、じりじり株価は上昇するとみる。いつ1000円チャレンジがあってもおかしくない。

NYダウが下げ幅を拡大中で、現在461ドル安、日経平均先物も219円安となっている。

7月10日 0時35分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3717-edeb80a7