FC2ブログ
08日の相場は東証1部は下げる一方、その他市場は、そろって上げるという結果になった。
日経平均は176円(0.78%)安、TOPIXも0.92%安だった。値上がり銘柄数420に対し値下がり銘柄数は1686。規模別の下落率も大差なく、幅広く売られたわけである。
一方、JQ指数は0.29%高、マザーズ指数は0.30%高。2部も含めすべてプラス、騰落銘柄数を見てもそろって値上がり銘柄数の方が多かった。

もう最近は特に、このように東証1部とその他市場で、あるいは主力株と中小型株で、まったく値動きが違うということが頻繁に起きるので、しっかり頭においておき、行動にも生かすようにしよう。

こういう相場は、当道場に比較的向いていて、この日も、道場銘柄は、トータルではまずまずの好結果になった。

私の現在の最主力銘柄であり、読者諸氏にも繰り返しお勧めしてきたマキヤ(推)が、06日、07日(ともに高値から大きくだれて終了)とは打って変わって高値引けとなった。935△36と4連騰で、年初来高値も更新した。
私は堅実にと思って930円強で少し売った。その後920円台前半まで下げてきたので、一気に爆騰のリスクも考慮、買い戻した。
同じ業務スーパーでも神戸物産がこの日も年初来高値更新で、来期予想実質PERで27.7倍にまで買われているのに対し、マキヤは同11.7倍(同社の場合純利益が毎期、経常利益比で極端に少ないので、こうした場合の特例としてPER算出に当たって使う1株利益は名目値と実質値の平均値を用いた)にすぎない。この辺のことが、ようやく投資家の間に多少なりと知れ渡ってきたのではないか。

5.28日の推奨時(5.27日735円)に書いた妥当株価についての部分を引用しておこう。
>とりあえずは控えめに1000円
次はPER15倍の1119円
ある程度同業他社並みに買ってPER20倍の1492円
要するに時価の735円というのは、実態を全く反映していない超割安株価であり、今後1000円から1100円程度は、控えめにみてもあっていい、中期的には1500円程度が妥当な株価だということである。

大黒天は5300△130と年初来高値を更新。引け後、2020年5月期決算を発表した。経常利益は会社計画46.2億円、四季報予想57.0億円に対し61.49億円(前期比110.7%増益)だった。今期については(控えめに)62.95億円予想。前期の配当は25円予想を27円に増配。PTSでは5580△280。
なおPTSでは
アセンテックも4350△585と急騰しているが、こちらは1対2の株式分割を発表したため。

ウィザス(推)は524△5と反発。調整がやや長引いているが、小型の好業績株が上げている中、出遅れ感も強まるところだ。

シグマクシス(推)は1618円まであって1587△63と3連騰、出来高も増加、最近の高値1993円を付けた6.11日の水準に近付いてきた。こう戻してくると、一段と7立会日連続安の理由が分からなくなってくるが、いずれにせよ、IT関連の有望銘柄が大きく値上がりしている中で、ひときわこの銘柄の割安さが目に付く。値下がり直前の1850円、6.11日に付けた1993円高値、この辺が意識されてくるところだ。

UTグループは2591△61と快調に戻り高値更新。日証金では、ここ株不足になっている。同業ディップは連動できず2108▼58。引け後、186万株(発行済み株式総数の3.0%)の自己株の消却を発表、PTSでは2128△20。

歯愛メディカル(推)は高寄りしたのだが終値は4370▼35。2日続落したわけだが09日に反発できるか。

東京応化(推)は年初来高値更新となる5800円で寄ったのだが、寄り天となり5660▼80の安値引け。私は持ち株を増やしておかねばと焦ったのがいけなくてプラス圏で数100株買い増してしまった。ただここから大きいとみるので、この押し目は最後の買い場となりそうな予感も。

「新四季報銘柄」では
インフォコム、ファーマフーズ、ACCESS、平山、沖縄セルラーが上げた一方、デジタルハーツ、アークランドサカモト、ITメディア(今後この表記に)、ベクトルは下げた。

インフォコムは3065△68で4連騰。出来高も増えてきていて、どうやら2.05日に付けた3210円高値更新に向かう公算が大になったとみる。私はそういう判断のもと、少し買い増した。
ファーマフーズは取り上げて以降、いいところなくずるずる下げていて、これは失敗だったかと思いかけていたのだが、1179△66と大幅高、どうやら復活の兆しだ。
アークランドサカモトは1812▼68と急落。1840円台まで下げてきたので、どうなってるんだと怒りの買いを数100株入れたら、全株約定してしまった。PTSでは1830△18。

最後に、私は07日、08日と連続で少しずつ仕込んで、順調に上げている(こういう場合、えてしてそのまま上げ続ける)銘柄がある。大型株で、ここで書いても大勢に影響ないので、紹介しておこう。
6701 NEC 5570△80
6.25日、NTTとの資本業務提携を発表済みだ。基地局整備ではファーウェイなど3強が約8割のシェアを持つ。NECのシェアは1%未満という惨状だが、2030年には20%を目指すという。私の少年時代には、連日のように日本電気(NEC)、ブラジルで基地局受注(うろ覚えの記憶で書いているので事実とかなり違っているかもしれない)といったニュースが新聞紙面をにぎわせていた。私の株式投資の原点とも言うべき銘柄である。夢よ、もう一度、NEC日本電気の挑戦に期待したい。

7月08日 23時11分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3716-5114c76a