fc2ブログ
>現在NYダウは小幅安、日経平均先物は84円高となっている。このままいけば、小型株には、程良い加減で、期待できるのだが。
と、前稿末尾に書いた。NYダウは、その後下げ幅を拡大、170ドル安で終え、18日の日経平均も92円安で始まった。
やや想定とずれたが、それでも、小型株にはそう悪くはない状況だったとは言えよう。

こうした中、始まった相場だが、終値は日経平均は100円(0.45%)安、TOPIXは0.25%安だった。大型株中心の下げで、小型株指数は0.16%高だった。
JQ指数は0.13%高、マザーズ指数も1.03%高だった。

こうした状況は、当道場銘柄には向いていて、大半の銘柄が上げた。
歯愛メディカル(推)は4495△270の高値引け。6.11日に付けた4695円の年初来高値更新はならなかったが、引け値としては、その時の4435円を上回って新値である。いよいよ4695円更新から5000円挑戦となる可能性が、かなり出てきた。その時、どうするか?まあそれぞれよく考えてとしか言いようがない。

ウィザス(推)は、前場は小動きで薄商いだったのだが、後場に入って、特に14時直前くらいから状況が一変、大商いとなり574円まであって572△19。こちらも6.10日、11日に付けた599円の戻り高値挑戦となりそうな雰囲気だ。期日売りはほぼこなしたとみてよく、需給関係の好転を背景に600円大台回復、昨年末に付けた747円高値挑戦も意識されることになろう。

GMOインターは2893△113。2985円高値更新のコースだろう。
PCNは1816△100と3連騰。「まるっとテレワーク」サービスが好調だが、テレワーク関連としての人気も高まっているようだ。年初来高値1827円更新もあるかもしれない。

ユーザーローカルは3535△70と3日続伸。1.07日に付けた年初来高値3660円が見えてきた。

シグマクシス(推)は1813△15。高値は1841円まであったわけだが、どうも最近は引けの弱さが目立つ。動きの読みにくい銘柄だが、出来高も細り引け味も悪いこの辺で、あっと驚く急騰を演じてくれるかもと期待して見ていよう。

マキヤ(推)は811△3で、これでも高値引けで3連騰。なお出来高は少ないが、ウィザスのように、どこかで一気に出来高急増・大幅高という展開もありえよう。

前稿で挙げた大黒天物産、キリン堂はそろって大幅高となった。
大黒天は4570△100の高値引け。4.30日に付けた4645円の年初来高値更新から一段高を期待しよう。
キリン堂は2394△107で5連騰。6.05日に付けた2319円の年初来高値を一気に大幅に更新した。

わずかに、UTグループ、アイ・エス・ビー、JBCC(推)などは下げた。

6月18日 23時19分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3698-29e7545e