fc2ブログ
2011.04.02 春なのに
ここ歩いていなかった反動で最近連日2万歩(大体2.5時間余)も歩いた後遺症か、
どこも悪くないのだが、体全体ぼわあとした感じ。

そんなわけで、ブログの方も・・・
お許しあれ。

3日前かに今年初めて鶯の鳴き声を聞いた。
これを聞くと千里鶯啼いてという杜牧?の「江南春」を思い出す。でももう、その後の句はまったく思い出せないのだから、情けない限り。

それでも調べ魔の鎌倉雄介、即階下の書庫(そんなたいしたもんじゃないが)に行き、目当ての本を探すが、あったはずの位置にあるのは『ネェネェ馬場さん』(馬場元子著)
1、2年前、リサイクル市でもらった本で、今日初めて開いてみる。
スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、ザ・デストロイヤー、ジャンボ鶴田を攻めるG.馬場の勇姿が巻頭を飾る。
そういえば私は40年近くも前、蔵前国技館近くの喫茶店で、ジャンボ鶴田を見ている。山田隆さん(プロレスファンならご存知のはず)と会って依頼原稿の打ち合わせをした喫茶店だ。オー鶴田と思ったら、つかつかと鶴田が寄ってきて「新聞見せて」とか言って、吾輩から新聞(恥ずかしながら当然東スポですな)を奪っていって読み始めたのだ。
嗚呼、いまやその鶴田も三沢も馬場もいない。

注=その頃、私は年鑑編集部にいて経済・産業関係の原稿のほか特集でプロレスとかも受け持ち、ために全日プロや新日プロにも行き、山田隆さんと会ったりしていたのである。

「江南春」の載っている本、見つかりました。杜牧でよかった。

千里鶯啼いて緑紅に映ず
水村山郭酒旗の風
南朝四百八十寺
多少の楼台煙雨の中   (「煙」ほんとは違うが変換不能)

近くの桜並木の桜も少し咲き始め、我が家の去年もとめた小さな枝垂桜も、いつの間に2つ3つ咲いていた。
知らぬ間にユスラウメは満開を過ぎシャガも咲き始め、イワタバコが苔の間から葉を出している。今年は寒かったので、温暖な湘南でも寒地のように一斉に春が来たのだ。

それなのに、震災の地の惨状は、あまりにかけ離れた光景のままだ。

私も、体だけでなく心もぼわあとした感じで、こういうとりとめのないことしか書けない。

ただ、頭も徐々に覚醒しつつある。
NYも高い。
しばらくお待ちいただきたい。

4月02日 1時29分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/357-089021c9