FC2ブログ
朝方、イランがイラクにある米軍基地にミサイル攻撃をしたことが伝わり、相場は、全面安で始まった。
日経平均は625円安まであって終値は371円(1.57%)安、TOPIXは1.37%安だった。
結局、前日の上げ分だけ下げたのがこの日の相場だった。
日経平均は前日+370.86円、08日−370.96円。
騰落銘柄数も上げ・下げの銘柄数は前日1961・146、08日147・1977。

その後の情勢を見ると、イラン、アメリカともかなり自制的で、お互い、報復の応酬になるのは困るという腹が透けて見えるようにも見えなくもない。
そういう見方が有力かどうかはともかく、その後は株価は戻り歩調だ。
東証の立会終了時頃、NYダウの先物は220ドル安程度だった。それが現在80ドル安くらいまで戻している。
これを受けて日経平均先物・大証夜間は、現時点で125円高となっている。
これから始まるトランプ米大統領の発言にもよるが、09日の日本株は下げすぎ是正の動きがみられることになろう。
注=これは11時20分頃。現在(0時14分)はNYダウは50ドル余りの値上がり、日経平均は195円高。

当道場銘柄も、全般安の中、大きく下げるものが大半だった。
ウィザス(推)は603▼74まで大きく下げる場面があって終値は640▼37。インスペック、ベネフィット、ベストワン、アイルも4%以上の下落となった。
ここ強い動きとなっているメニコン(推)は4705△80まであって4625±0。

お年玉銘柄(推奨銘柄でもある)の値動きは次の通り。
正興電機は948円まであって929△34。出来高も急増しており、地合いのため、こういうことになったと思われ、仕込みのためには、良かったと言うべきだろう。順調に行けば、12.23日に付けた984円の昨年来高値更新から4桁乗せとなろう。もちろん、そこからが大きいと期待しているわけである。

アクセルは昨年来高値更新となる1000円まであって962△8。こちらも地合いに足を引っ張られこういうことになったが、1000円大台乗せから本格上昇となろう。
両毛システムズは高寄り後2910▼285まで下げる場面がありながら、一時3895△700のストップ高をし、終値は3650△455。
世界最大のデジタル技術見本市「CES」が、07日、ラスベガスで開幕した。それに先駆けトヨタは06日、「スマートシティー」(「つながる車が中心)を裾野市に作ると発表した。両毛は、ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社が立ち上げた次世代移動サービス「MaaS(マース)」を開発する企業連合に加盟したと発表している(昨年12.16日)。
CESに関してはアクセルもIRを前日出している(前稿参照)。
両毛にしろ、アクセルにしろ、自動運転で有望と見る向きが注目しているわけで、その持つ技術等の価値が今後問われることになろう。本物なら化けることになる。

SECカーボンは9840▼390まで下げる場面もあったが、終値は10030▼200と1万円大台を維持して終えた。筆頭株主の大谷製鉄は大谷工業同様、いわゆる大谷財閥系の企業である。
1単位買うのに100万円強いるので買いにくいが、逆にそこがいいとも言えよう。いろいろ調べると化けそうな気がしてくる。だまされたと思って一口乗るのもいいだろう。私は2口しかないのだが、資金をねん出、10口くらいにしたいと思っている。

1月09日 0時16分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3569-e304d393