FC2ブログ
2019.12.02 今日は一休み
02日の相場は、主力株中心の上げとなった。日経平均は236円(1.01%)高、TOPIXは0.89%高だった。日経平均、TOPIXとも年初来高値更新。
注=日経平均等の最高値というのは、これまでは終値で言うのが一般的だったのだが、そういう常識が通じない(知らないのか独自の見識からか不明)時代になってきたのか、ヤフーファイナンスとかマーケットスピードなどはザラ場の値段も含めた最高値を言っている。それは知っていたのだが、ここにきて日経新聞まで宗旨替えしたのか、終値ベースでなく、ザラ場ベースに変えたようで、11.27日、小生が日経平均が年初来高値を更新と書いた(28日付け)時、日経にはそういう記事がなかった。11.30日付けのスクランブル欄の記事でも、それが分かる記述がある。
時代に合わせることも必要な場合もあるが、この件に関しては、世の中の帰趨がはっきりしない。とりあえず、私は終値基準で書くこととする。読者で疑問に思っている方もおられると思い、あえてこれを書いた。
なお、言うまでもないが個別銘柄では、高値・安値はザラ場の株価も含めて言う。

相変わらず、分かりにくい相場で、メニコン(推)が4295▼115まで急落する場面があった(終値は4350▼60)。
そうかと思えば2535▼94まで急落した第一精工は2686円まで急騰、終値は2645△16、オーウイルも1288▼33まで下げながら終値は1327△6。
アテクト(推)も分かりにくい動きが続くが、この日は小安く始まったが1708△66まであって1693△51。
松風(推)、東洋製缶なども上げた。

強くお勧めしている主力どころに限って苦しい動きとなった。
メニコンは前述の通りだが、ディップ(推)も3115▼20と続落した。
ウィザス(推)は高寄り後568△9まであったのだが、ここで息切れ、551▼8まであって終値は559±0。

こうして見てくると、やはり、すっきり分かり易い相場には、なかなかならない。まったく扱いに困る嫌な相場だが、それを所与の条件として、格闘していくしかないと、腹をくくって頑張るしかない。
今日は、こういう相場だったが、ある程度のスパンでみれば、上がる株は上がるのだと信念をもって進もう。
03日は、ウィザス、メニコン、ディップの動きに期待。

12月02日 23時53分記 
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3540-519a4265