FC2ブログ
25日の相場は小型株中心に上げた。日経平均は180円(0.78%)高、TOPIXは069%高だった。そろそろ、主力大型株に出番が回るかもと思っていたが、終わってみれば、結局、小型株指数の値上がり率0.67%に対し大型株指数は0.62%と、わずかながらも小型株優位だった。JQは0.72%高、マザーズは060%高だった。

当道場銘柄は、最初はほぼ全面高だったのだが、後場後半になって、ここ大きく上げたウィザス(推)、アテクト(推)、メニコン(推)がマイナスに転じて終えた。

ディップ(推)が3105△50と11.12日以来となる3100円台乗せ。やけに下げていたように感じるが、他の小型株で大きく値上がりするものが続出したから、そう感じただけのようで、終値での3100円乗せは11.14日のみなのだった。年初来高値3165円まで60円。明日にも更新しておかしくない。しっかり値固めをしたうえでの2連騰なので、ここからは速いかもしれない。昨年4月につけた3620円挑戦を期待しよう。

松風(推)は1754△13と4連騰。少し前に指摘したように、ここに来て、動きが変わってきている。出来高も19日の9600株から4日連続で増加、25日は57700株で、これは年初来高値1774円を付けた11.06日の60500株以来の多さだ。月曜ということを考慮すれば06日を上回る水準と言えよう。ここに来て、マニーの値動きも軟調になりつつある。両社を比較すれば、いかに松風が不当に安値に放置されているかが分かる。そういうまともな見方がだんだん通じる相場になりつつあるようにも感じられる今日この頃なのである。

オーウイルは1395△25の高値引け。これで8連騰。どうするか思案のしどころ。

トランザクション(推)は1036円まであって1011△5。高値更新のためには、もう少し出来高が増えることが望まれる。

ブックオフ(推)は1101△13。こちらも出来高増が期待される。

第一精工は2368▼48まで下げる場面もあったが2447△31と反発。戻り歩調になる可能性がやや強まったとみるところか。

東洋製缶(推)は1921△33と連騰。推奨した時が1973円だから、結構下げたと、ややショック。まあ、物色の流れが大型に行った時の保険として取り上げたのだから、やむをえない面もあったのだが。いずれにせよ、大型株が買われる流れになれば、2000円乗せも、そう難しくはないだろう。

アテクトは目先の節とみていた1780円を上回る1788円まであったのだが、目標達成感からか、そこから急落、終値は1690▼48。ここからどういう動きをするのか、26日以降の動きを注視。

ウィザス(推)は583△13まであって541▼29まで下げ終値は557▼13。こちらは何ら心配することはなかろう。11.20日同様、乱高下で目先筋を振るい落とし、一段高コースだろう。居所が違うという表現があるが、まさにこの株の時価にぴったりの表現である。

メニコンは年初来高値更新となる4615△155まであったのだが終値は4465▼10と続落。まあしかしこれはお愛嬌のようなもので、いよいよ5000円乗せへのお膳立てが整ったように感じる。
四季報オンラインが24日付けで
新治療法の開発相次ぐ「近視治療」の現在地 増加の一途をたどる近視人口
という記事を配信している。医療機器分野では「オルソケラトロジーレンズ」が要注目として、メニコンの名が挙げられている。
鎌倉雄介-証券会社(東海東京、いちよし)-四季報と、追随してきたから、これは必勝パターンで、ここから上昇加速となるのではないか。

11月25日 23時49分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3533-2c53a4fd