FC2ブログ
【道志村は惨憺たる状況か】
2日前だったと思うが、山梨県警だったか大月警察だったかから電話があった。ちょっとお聞きしたいことがあるが、今よろしいかとおっしゃる。立会時間中だったので、簡単なことならとお答えしたら・・・・
女児行方不明事件で監視カメラを調べているが、その過程で、あなたの車が映っていたとのこと。
やるじゃあないか警察さん!と驚きつつ、あの日あの事件出来(しゅったい)の少し前、私はホロホロ(レストラン名)で食事中でしたからね。と答える。つい被疑者風な受け答えになってしまう(推理小説の読み過ぎか)。
警察が聞きたいのは、あの時間帯に車を走らせていたので、もしや不審な人物を見たとかないかということだった。もちろん、日帰りで鎌倉に帰ったので、当時は事件の起きたことも知らず、何も気付かなかったと答える。
そのあと、椿荘の近くに田舎家があって時々行っていることを言うと、その家はどこかということになり説明するが、どうも、あの辺の地理に疎い方のようで説明に難渋。

まあそんなこともあったわけだが、19日は、道志の我が家はいったいどんなことになっているやらと思い、道路状況を念のため確かめたら、とんでもないことになっていた。村役場に電話したのだが、青根で複数個所、土砂崩れが発生していて通行止めになっているという。私の通常ルートで行くと、、厚木方面から行って青山の交差点で左折すると、間もなくが青根(そこからまた少し行くと道志村に入る)なので、わが田舎家には行けないことになる。
注=青根では神之川キャンプ場の80代の経営者が行方不明になり、その後この方らしい遺体が発見されている。
相模湖方面まで行って都留経由で道志村に入り、少し厚木方面に戻るルートがいいという。
中央自動車道を使うわけである。何度か通ったことがあるので、それならまあいいかくらいに思っていた。ところが調べたら中央自動車道は八王子-大月間が交通止めだった(大月の先に都留がある)。うーむ、甲州街道で行くととんでもなくかかりそうだしと思っていたら、どうも甲州街道=国道20号なので、こちらも通行止めだった!
となると全くルートを変えて御殿場ー河口湖ー山中湖経由で行くしかなさそうだ。
ところが、その後、夕方になって、八王子-大月間の通行止めを19日、正午をめどに解除という報道が流れた。「めど」というのが、城山ダム放流時間じゃあないが、頼りなく困ったものだが、明日朝、確認を取りながら出発するしかなさそうだ。
先日、行方不明になった女児のお母さんがインタビューを受けているとき、椿荘付近の映像が流れたが、道路がぼこぼこになっていた。いったい我が家辺りもどうなっていることやら。まさか家屋崩落はないと思うが・・・

【鎌倉もとんでもないことに】
昨日、稲村ケ崎・七里ヶ浜の方に行ってみたら、想像以上の惨状になっていた。稲村の湘南道路わきの海側の歩道と一部車道が陥没、一部区間が一方通行、歩道は通行禁止になっているのだ。8.13日にも高波で陥没が発生、9.30日から復旧工事が始まったところに、今回の台風でもっとやられたのである。その場しのぎの工事が延々されているのだが、もっと根本的にやらないと、そのうち大惨事が起きるのは必至のように思える。大哲学者・西田幾多郎の歌碑は、土台の下がえぐられ危うく陥落を免れるという危機的状況だった。
歌碑のユニークな形(ぜひネットで確認を)は汽船の換気筒を模したものという。
七里濱 夕日漂う波の上に 伊豆の山々 果てし知らずも

今日、タウンニュース(無料ミニコミ誌)を見たら、この陥没の話に加え、鎌倉市の台風19号の被害を詳報していた。一時最大1万7900戸も停電したという。断水した地域もあったという。我が家も、2回停電したが両方とも3分以内だったので助かった。
アッと驚いたのは12日の午後8時から9時までに、鎌倉地域で最大瞬間風速51.0メートル(大船地域でも43.4メートル)を記録したという。気象庁は60メートルと発表していたが横浜の43.8メートルが最大で、よくぞどっぱずしてくれたなと思っていたわけだが、何のことはない、目の前で50メートル超が吹き荒れていたわけだ。これでは我が家の大ケヤキが傾くのもむべなるかなである。
しかし、一体全体、日本最大の瞬間風速は何メートルだったのだろう?マスコミはもっときちんと取材して報道してほしいものである。

10月19日 0時38分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3501-abfb40d0