FC2ブログ
15日の相場は、幅広く買われ、大幅高となった。日経平均は大幅高で始まった後もじり高展開となり408円(1.87%)高、TOPIXも1.58%高だった。どちらかと言えば大型株優位だったが中小型株もほぼ追随した。。JQは0.66%高、マザーズも0.59%高と、東証1部に比べ小幅高にとどまった。

当道場銘柄は、はじめは軟調な銘柄も少なくなかったが、次第に好調な値動きになり、大半の銘柄が上げて終えた。
トランザクション(推)は1円安で始まった後866▼20まで下げたが、そこから急速に戻し923円まであって終値は912△26。866円で底入れした可能性が大とみるところだろう。
なお同社は15日、「第 60 回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー秋 2019」 出展に関するお知らせ (当社連結子会社:株式会社トレードワークス)  を発表している。
エコバッグやタンブラー・サーモボトルを中心とした、 エコ活動を後押しする製品を数多く取り揃えて展示するが、なかでも注目は「オーガニックコットン」を使用したエコバッグの新製品で、この新しいエコバッグを一斉展示するという。

ブックオフ(推)も同様な値動きで終値は1132△14と反発して終えた。
ソルクシーズ(推)、松風(推)、メニコン、テックファーム、第一精工、橋本総業なども上げた。
東京応化(推)は4300円まであって4285△45で、連日の年初来高値更新。
川澄化学は年初来高値更新となる905円まであって899△23。

ラウンドワン(推)、オリコンは下げた。
ラウンドワンは10日発表の9月の月次売り上げが既存店では前年同期比1.8%減だったことを嫌気、11日は1411▼144と急落したわけだが、15日は1402▼9と続落した。ただ9月の月次は休日の影響を考慮した実質では1%増程度であり、この反応は行き過ぎだろう。決算が良くてもトランザクションのように急落するケースさえあるので、まあ驚くことではないが。ところで岩井コスモが11日、投資判断「A」(強気)、目標株価1950円でカバーを開始している。2021年3月期の経常利益は145億円(2020年3月期の会社計画は118.7億円)とみている。
注=ただし岩井コスモは9月の月次の数字をみないでコメントしている可能性がある。

現在NYダウは300ドル超の値上がり、為替も1ドル108.8円と円安、日経平均先物・大証夜間も323円高となっている。
米中貿易摩擦を懸念していたわけだが、その暗雲が取れるかもしれないという期待が高まっているわけだろう。

10月16日 0時11分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3497-958f6478