FC2ブログ
台風19号、大変だった方もいらっしゃるかと思います。避難所生活とかとんでもないことになった方がないことをお祈りしています。
我が家の辺りは、前回をはるかに上回る大風だったのですが、前回で倒れるべき木の大半が倒れてしまったせいか、意外に倒木などは少なかったようです。それでも新設したばかりの電動シャッターが吹き飛んだとか、屋根の一部損壊など、ご近所にも、それなりに被害を受けた方がいます。
小生のところは、家はほぼ無傷だったのですが、樹木にはかなりの被害が。それでもこういうこともあるかと直前に購入のマキタの充電式チェーンソーで何とか処理。とはいえ、屋敷の真ん中に鎮座するケヤキ(前の持ち主が植えた時は樹齢10年程度の若木=当時の写真あり)が今や樹齢50年近くになり巨木化しているわけですが、海からの強風に耐えかね、ついに、やや傾いて、心配の種になってしまいました。
木登り名人を自認する私とて、あの上まで登り、チェーンソー(結構重い)を使うのは少し怖いし、のこぎりだと、いったいどれだけ時間がかかるやらで、思案をしているところ。これからも襲来するであろう台風、「激しかれとは祈らぬものを」などと嘆くことがなければいいのだが・・・
注=憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ 激しかれとは 祈らぬものを (源俊頼朝臣)

11日の相場は、前日のNYダウが(米中貿易協議進展への期待)こともあって)高く、円安もあって、値上がりした。日経平均は247円(1.15%)高、TOPIXも0.89%高だった。
しかしJQは0.09%高にとどまり、マザーズに至っては1.45%の大幅安だった。しかも騰落銘柄数を見ると、この2市場では、値下がり銘柄の方がはるかに多かった。
要するに、依然、日経平均採用銘柄中心に主力大型株に偏った物色が続き、小型株は依然圏外という相場が続いているわけである。

トランザクション(推)は923△33まであったのだが886圏外▼4の安値引け。決算は評価するが、それでも小型株売りの流れのほうが強く持ちこたえられず、こういう株価推移となったのだろう。
ブックオフ(推)も1118▼44と4日続落。
松風(推)、ソルクシーズ(推)、メニコン、クリーク&リバーなども下げた。

また、小型株で異常なくらい急落する銘柄が続出したのも目を引いた。
夢の街1169▼300、コシダカ1553▼167、ラウンドワン1411▼144、マニー2543▼184などである。それぞれ業績悪等の材料があるにせよ、ここまで下げる程のものではない。地合いのなせる業と言うしかない。

一方、東京応化(推)は4240△40と連日の年初来高値更新。ごく一部の値動きのいい銘柄は、このようにほとんど下げ知らずに上げる。
第一精工、オリコン、テックファーム、ファンデリーなども上げた。

11日のNYダウは320ドル(1.21%)の急騰となった。
米中が11日の閣僚級協議で「部分合意」に至り、アメリカが10.15日に予定していた対中関税引き上げを先送りすると発表したことを好感したものである。
14日のNYダウは現在、小幅安、円相場は1ドル108.3円と円安、CME日経平均先物は151円高となっている。

10月14日 22時42分記



Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3496-f1d72af7