FC2ブログ
日経平均はついに9連騰(9.13日まで)となった。また一時2万100円台まで急落した8.26日の終値20261円からは9.13日の21988円は1727円高、8.5%の上昇となる。
しかし、この間、東証1部の規模別指数・小型株や日経JQ平均はほとんど上げていない。マザーズ指数に至っては8.26日比ではマイナスである。

このようなことになっているのは、もちろん、理由はともかく、資金が大型株に向かい中小型株、特に小型株にはほとんど向かわないからである。

世界の景気動向、あるいは政治も含めた流れを見ると、不安要因はもちろん依然大きいわけだが、基本的には米中の貿易摩擦をめぐる駆け引きが、良い方向に向かっているように思われる。すなわち、双方とも落としどころを意識した動きを示しつつあり、市場の期待する方向に動いているのではないかという見方が強まりつつあり、これに金融緩和の流れもあって、ここに来てのアメリカ、日本などの株価堅調になっているとみるところだろう。

とは言え、ではなぜかくも小型株の値動きが悪いのかとなると、その理由は今一つ、はっきりしない。
強いて言えば、投信からの資金流出(2019年2月ころから中小型株で運用する投信からの資金流出が目立ち始め、年初からの流出額は足元で1600億円を超えた=日経9.04日)、逆張り大好き個人投資家が買い転換しないことが、挙げられよう。

しかし、小型株に特に悪材料があって下げているわけではないのだから、どこで潮目が変わるか、あるいはいつ小型株にも物色の手が伸びるようになるかである。

とりあえずは、大型株一辺倒の今の流れが、今後どうなっていくのかに注目しながら、慎重に相場を見て行くところだろう。

9月17日 0時18分記

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3471-455747c6