FC2ブログ
>ようやく、小型株無差別売り的な展開が終了、下げ過ぎ是正の動きが本格化かを予感させる1日の値動きだったのかもしれない。
と9.01日付け「小型株復活の兆し」で書いたわけだが、02日は小型株軒並み安(大型株はわずかに下落)となった。そして03日は小型株軒並み高(大型株はわずかに上昇)となった。
要するに、02日と、03日で、小型株と大型株で全く逆の値動きになったわけである。多少、希望的見解になるかもしれないが、9.01日付け「小型株復活の兆し」で書いた見通しは、結局その通りになるのではないか。何せ、8月中旬以降の小型株の下げは尋常ではなかったのだから。
と書いたわけだが、後述のようにあまりの閑散相場に、やはりそう楽観はしていられないとも思う。トランプ政権が続く限り、息の抜けない相場が続くと覚悟、慎重な運用を心がけよう。

ブックオフ(推)は1156△81まであって1129△54。出来高は8.13日(200円高した日)には109.2万株にまで増加、それが9.02日は29.3万株にまで減少した。03日はそれが一気に60.9万株と倍増以上になった。先行きに期待を抱かせるものと言えよう。

トランザクション(推)は1058△45まであって1047△34。出来高は前日の1.7倍強に増加した。なお以下のIRを出している。

ペットウェア・関連製品における「LAURA ASHLEY(ローラ アシュレイ)」の サブライセンス契約締結に関するお知らせ (当社連結子会社:株式会社トレードワークス)

ローラ アシュレイと言えば、古き良きイギリスを感じさせる上品な花柄プリントの寝装品カバー等でおなじみだが、トレードワークスはペットウェアを販売するのである。ペットと一緒に旅行する人が増えるなど、ペットウェアは今後も高成長が期待できる。ローラ アシュレイとは、さすが目の付け所がいいと感心する。我が家にもローラ アシュレイが氾濫していた時期があり、私の好きなブランドである。
ちなみに同ブランドを興したローラ ・アシュレイは60歳の誕生日(1985年9.07日)に娘の家の階段から落ち10日後の17日に脳出血で死去したという。傷だらけのローラ、『大草原の小さな家』のローラ、階段から落ちたローラ、我が家の愛犬だったローラ、いろいろありますなあ。

東京応化(推)は3775円まであって3765△195(東証1部値上がり率27位)で、一気に4.22日に付けた3760円の年初来高値を更新した。出来高も急増、日証金の貸借倍率も0.06倍に急低下、4000円が意識される展開になってきた。

ソルクシーズ(推)も880△12と反発。

ファンデリー、ラウンドワン(推)は下げた。この2銘柄は、多くの小型株と違い、比較的強い動きを続けていたので、こういう動きになっただけで、心配することはなかろう。

【閑古鳥が鳴く東証】
         3.04日     9.03日
売買高    11億2781万株  8億4123万株
売買代金   2兆1537億円  1兆3875万株

たまたま3.04日のデータが手元にあったので比較してみた。
ここ本年最少水準の売買代金が続くわけだが、売買代金、売買高とも3.04日の7割前後まで急減しているわけである。
これでは、相場の本格的出直りは厳しいとみるしかない。

現在NYダウは350ドル安。為替も再び1ドル105.9円前後と106円割れ。日経平均先物・大証夜間は65円安。

9月03日 23時48分記






Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3457-7a86b3a6