FC2ブログ
28日の相場は、前日のアメリカ株はNYダウ、NQとも下落したわけだが、小高く始まった。その後も小動きで、結局日経平均は23円(011%)高、TOPIXは004%高だった。大型株指数のみ高く、騰落銘柄数も値下がり銘柄は値上がり銘柄の15倍に達した。
JQ、マザーズは下げた。これでJQは6日続落、マザーズは3日続落となる。

最近は、こういう動きが普通なのだが、日経平均は1日を通してみると山・谷はあるが比較的粘り腰があって底堅い動きなのに対し、JQはいいのは最初だけで、あとは大体だらだらと下げる。
28日のJQはわずかながらもプラスでスタート、すぐにマイナスに転じ、前場終了までは小幅なレンジでもみ合い、後場に入ると下落基調が確定、13時半くらいからは、ずるずると下げ大引けにかけ一段安で終了という投資家泣かせの展開だった。

ブックオフ(推)は高寄り後1206△58まで急騰したのだが、後場始値で1134▼14の安値を付け8日連続安かと思わせたが、何とか踏ん張って1156△8。あまりあてにならないが、前日1.29倍と買いの方が多くなった日証金の貸借倍率も、28日は0.35倍と急改善した。7日も続落しただけに反動高も大きいかもしれない。
トランザクション(推)も1050△6となんとか反発した。29日は配当権利落ち。

一方、ソルクシーズ(推)は854▼14で6日続落、松風(推)も1456▼43で6日続落となった。
日東ベスト、一蔵など、人気離散組も力なく、底なし沼にはまったかのような値動きだ。

唯一と言っていいくらい、元気なのがラウンドワン(推)で1720△6と上げた。6連騰。日証金の貸借倍率は前日の0.09倍が0.06倍とさらに株不足が拡大した。ブックオフの急騰局面を想起させる推移だ。

苦しい展開が続くわけだが、ここまで小型株が一方的に下げ続けるのは、異常といっていいだろう。28日は裏切られたが29日はと期待しよう。

8月29日 0時27分記 

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3453-f90bb891