FC2ブログ
台風10号は一体何だったのか。
命を守る行動を!
来てからでは遅い、早め早めの避難を!
と、気象庁やテレビは叫んでいたが、現実の被害はと言うと、少なくとも、ここまででこれはというものはほとんどないのではないか(死者1名、けが人33人)。それでもなお避難指示や避難勧告が出ているところはまだある。
21時00分現在では、すでに中国地方を通過、日本海上に抜けているわけだが、それでも「まだまだ警戒を怠れない」とか「中心から離れても大雨をもたらすから」と、不安をあおるような言葉を続けている。気象庁が記者会見までして厳戒を呼び掛けたほどのものではなかったのではないかという反省は全くないのだろうか。

空振りでもいいから注意喚起は重要というのが、当事者の意識のようだが、私が疑問を抱くのは、最近数年の大きな被害をもたらした自然災害を思い起こすと、そのほとんどが、今回のような極度の警戒を呼びかけたものではなく、ほとんど無警戒な時に起きるということである。

詳しく細かい情報をもとに書いているわけではないので、残念ながら、具体的なことが書けない。
そこで次のことだけを提言しておきたい。

台風情報において、テレビ、ラジオは、気圧について、現行のような、最新の数字だけを出すだけのでなく、併せて直前の数字も表示し、推移・傾向を視聴者が見られるように改めるということである。
気圧 985HP
というふうに、今はなっているが、それを以下のようにするのである。
①案=気圧 985HP(970HP)
②案=気圧 970気圧→985気圧

このようにすれば、ああ気圧が上がっている=台風の勢力は弱まっているなと分かる。
今回の台風10号など、本土上陸の前は965HPだったが、テレビでは気象予報士の方が、「今後勢力を強めて」と繰り返していたが、その後、いつ見ても965HPは変わらず、そして今日になって先ほどみたら、いつの間に978HPにまでアップ(勢力を弱めた)しているではないか。
野球の中継ではないんだから、いつまでも「まだまだ分かりませんよ」などと言い続けていないで、「かなり勢力を弱めましたね」とか、言ったらどうだと言いたいわけである。
こんなことが言える豪胆な方はいないだろうから、それならせめて、上記のように、気圧の変化をテレビ画面(ラジオの音声)で明示するようにしては、という提案である。

株価表示の手法として「4本値」というのがある。
始値 高値 安値 終値
という4つの株価を、この順に示すものである。
もちろん日足、分足などのチャートもある。
台風の気圧もこうした工夫に学び、例えば折れ線グラフで示し、一体、なお勢力拡大中なのか、峠は越えたのか等が一目で分かる表示方法にしてもらいたいものだ。
食事をしてニュースを見ていたらまた2HPアップして980HPになっているではないか。
それでも、やれ土砂崩れがとか言って警戒は怠れないと強調、気圧がいつの間に980HPにまで上がったことには、決して触れない。困ったものである。

8月15日 22時42分記

お詫び=パソコンのキーボードが酷使のため、Y、E等、打ちにくくなり、誤植大量発生の原因となっています。
気象庁と打ったはずが気相当になったり(Yを入れると正解に)します。この辺を頭においておかしなところは修正いただければと存じます。
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3439-f712c3a2