FC2ブログ
ようやく地合いが当道場向きになってきたようだ。
加えて、幸運の女神も次々と訪れる。いい時というのは、こういうものだろう。
「新四季報から発掘した妙味株」は、発表翌日(19日)は、レアジョブが1902△302(マザーズ値上がり率1位)の暴騰、19日引け後には、セグエGの1部昇格が発表され、同銘柄は1420△105(東証2部値上がり率6位)と急騰した。
そして20日は、引け後トランザクションに好材料(W TOKYOとの資本業務提携締結)が明らかにされPTSでは913△22となっている。

20日は、当道場銘柄は大半の銘柄が上げた。
ブックオフ(推)は高値は1079円で前日につけた年初来高値には1円及ばなかったものの、前日の下げ分をほぼ取り戻す1064△15。空売りは更に増え、日証金の貸借倍率は0.10倍に低下した。21日、1080円高値を抜くと1100円大台乗せから一段高への展望が開けそうだ。リスク許容の方は、強気堅持だろう。下げると泣き言を言うような方は退散する局面。

テイカ(推)、東京応化(推)、日本駐車場(推)もそろって上げた。
「新四季報から・・・」銘柄は、はてな、キリン堂、レアジョブ以外は上げた。
セグエ以外でも大木ヘルスは一時1055△143まであって967△55。

エムアップは2582△202、インパクト3900△180、オーケストラ1505△61などの急伸も目立った。またフィックスターズも2023△37と、ついに2000円大台乗せとなったが、新四季報の来期予想数字が好感されているのかもしれない。
ネットワン、システナの上げがとどまるところを知らない。どちらも年初来高値を更新した。

最後にトランザクションについて書いておこう。
資本業務提携締結と発表した(株)W TOKYOというのは、「東京ガールズコレクション」を2005年から開催している会社である。その筆頭株主が当ブログでもなじみの(懐かしの)(株)ディー・エル・イー(「秘密結社鷹の爪」等)。
トランザクションはW TOKYO株7500株をディー・エル・イーから譲受する(取得価額2.77億円)わけだが、持ち株比率は、私の計算で6.9%になる。
なぜこういう細かいことを書くかと言うと、このW TOKYO株が宝の山になる可能性が十分あるからである。
この3年間の業績推移を見ると売り上げは1458万円→32億7322万円に激増(間違いかと思ったが本当である)、経常利益も-3110万円→1億3810万円と急改善している。そしてこれが肝心なのだが、上場する意向という。
脱プラスチック・エコ関連でもまだ書いていない好材料がいろいろあるのだが、さらにこの材料である。
大いに期待できるという確信を一段と深めた。
来期(2020年8月期)と言ってもあと2ヵ月余りで今期だが、の予想実質1株利益は55.8円。時価のPERは15.97倍に過ぎない。

現在NYダウは200ドル近い大幅高となっている。利下げ期待の上げのようだ。ところが日経平均先物・大証夜間は少し前まではプラスだったのが、現在は53円安となっている。これは一気に大きく円高になってきた(日米金の利差を意識しての円高だろう)。現在1ドル107.5円前後にまでなっている。

6月21日 0時19分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3394-6e968fed