FC2ブログ
NYダウ高、円安の追い風もあって、11日の相場も堅調だった。
日経平均は0.33%、TOPIXは0.54%高だった。JQは0.16%、マザーズは0.69%高。

当道場銘柄は大半の銘柄が上げた。
ブックオフ(推)は993△25と6連騰。4円安で始まり13円安までありながら、結局は高値引け。異常なまでの強さだ。
>2014年とか16年の先行きが暗かった状況とは正反対なことを考慮すれば、その時の1003円、1010円という株価は更新して当然だろう。(6.09日の稿)
と書いたように1000円超プラスアルファはあって当然とみるが、そこからどうなるかは、地合いにも左右され、難しいところだ。その辺も頭に入れたうえで、各自判断されたい(私が今後書くことはあくまで参考程度にとどめ)。
私はいつも言っているように株式投資「地獄の道行き」論者なので、1100円から1200円もありうるとの楽観的な読みで、大半は持続方針。四季報発売も支援材料となろう。

テイカ(推)は最近の決まり事どおり一時は2370▼44まで下げたのだが、後場終盤から猛反発、2442円まであって2426△12。これまた6連騰になる。ちょっと前までの低迷がうそのような強い動きだ。一抹の不安は残しつつも、ここからが大きいのかもと思わせる相場つきではある。

どうしようもない動きだったネオスも800円まであって790△35。

東京応化(推)は3450△90まであって3430△70。なお出来高が少ないのが気になるが、取り組みは良く0.05円の逆日歩が続いている。3500円を回復し出来高も増えてくるようだと戻り高値3760円挑戦もありえよう。配当狙いの買いもそろそろ本格化するかもしれない。

TKPは5890△180で5.30日につけた年初来高値を軽く更新してきた。2018年2月期の営業利益は大幅増益で40.53億円だったわけだが2022年2月期は100億円超(日経5.31日朝刊)という観測もあり、急成長が続く。ここから上昇加速、超値嵩株に育つ夢がある。
そう思いながらも私は買い増せず200株株主のまま。

インパクトは掲示板でにぎやかだった材料(私はこういうのは信用しないので詳細は承知していないが)で急落して始まったが、3310▼425まであって3930△195まで戻し終値は3790△55。誰にも読めないのがこの株で、したり顔の解説に惑わされず、自分の信じる道を行くしかない。私は400株株主。

システナ、ネットワンは、ともに5日ぶりに下げた。私はここは押し目買いの絶好のチャンスとみて、どちらも少しだけだが買い増した。

6月12日 0時17分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3387-87e3f790