FC2ブログ
あまりのハチャメチャな相場に、言葉を失いそうだ。
そういう相場なので、それなりの覚悟でやらないといけないわけで、現物だからなどと、ダメな銘柄に固執して握りしめているとか、少々下がろうと長期投資だからとやせ我慢していると、悲惨なことになりかねない。

少なくとも、投資成果を挙げたいと考えるなら、相場の流れを読み、それに合わせた対応を常に心がけたいものである。
そのためには、推奨銘柄を参考にしていただきたいわけである。いろいろおかしなことをおっしゃる方が、永遠のように、あとを絶たないので、あえてここでまた書いておきたいことがある。
それは、当ブログは、私が最もいいと思う銘柄を最もいいと考えるタイミングで公表している。だから、原則として、それをすぐに買っていただきたいわけである(買い方等は「株道場」活用法(「カテゴリ」欄にある)参照)。
そのあとについては知らないというつもりは全くないが、ここで売るようにといったことは書かないし書けないということは、重々ご承知おき願いたい。
また、日々のブログで、推奨銘柄等について、コメントしているわけだが、それは、あくまで、その時々のタイムリーな見解を載せているに過ぎない。そこで強気を書いてあるからといって、買いを勧めているのでは決してないし、売るなと言っているわけでもない。売る時期などは、瞬間に決めるようなところがあって、夜にしか書かないブログで適確に指示などしようもないし、もし可能でも、それを知って読者からいっせいに売りを出されたら「合成の誤謬」ではないが、とんでもないことになる。
いずれにせよ、そういうわけで、売り時期は読者諸氏が各自、ご自身で、自身の性格、資金の性格等も加味して、判断されたい。
よく、鎌倉雄介は売り逃げたとか、私の売りで下げている的な、私の売買を見てきたかのような戯れ言を書いている方を見受けることがあるが、そういう根拠のないことを口にするのはやめよう。私は、かなりの株数を数回に分けて買い、売るのは、かなりの期間にわたり細かく売っていくのが通例である。だから「まだ…株持ってますか?」などと聞かれても5万株あったのが、今300株保有の時もあれば今4万株保有の時もありる。だからそういう質問は、いやがらせなのかもしれないが、愚問なのである。

さて相場である。かなり上げる場面があったのに終値では大幅安という銘柄が続出した。高値→終値の形で示そう。
4150△73→3995▼80(チェンジ)
812△44→750▼18(博展)
1393△22→1318▼53(フィックスターズ(推))
1071△8→1017▼46(ネオス)
934△8→909▼17(オーケストラ)
今の地合いのなせる業であって、個別の銘柄に何かあったわけではないので、深刻に考える必要はなかろう。
ラクトジャパンは7860▼150の安値引け。読みというか期待は外れたわけだが、いくら何でもそろそろ反発のはずだが・・・・
日本駐車場(推)も170▼3と続落。出来高も減ったしと弱気になると上げるのがこの株だが。

このほかの銘柄は、多くが上げた。
エムアップは3010△263(年初来高値更新)まであって2938△191(東証1部値上がり率10位)。
>前稿で挙げたエムアップは2900△119と急伸した。日証金の貸借倍率は0.09倍と極端な低倍率になっている。逆日歩0.10円もついている。昨年9月につけた3225円更新もあながちなくはないかもしれない雰囲気だ。(3.26日付け)
04日の貸借倍率は0.04倍。3225円が見えてきたのかもしれない。しかし堅実が好きな方は下車するのもありだ。私は〇100株のうち100株を2977円で売った。〇千株保有。
私が早々に売ってしまったピックルスが2045△56、同じくカワタも1424△17と、取り上げて以降の高値に。協和エクシオ、コシダカも上げた。

インパクトは激しい乱高下。安寄り後すぐに4165▼160まで急落、その後4635△310まで急騰(ここは少し売っておきたかった!)、終値は4385△60。こういう銘柄をいつ売ったらいいかなど、言いようがないのは誰にも分かることである。

テイカ(推)は終始堅調で2681△32。終値としては推奨後の高値である。日証金の貸借倍率も前日の0.71倍が0.03倍に。しっかり調べてさえくれれば、こんな安値にいる銘柄ではなかろうに。
値上げについて書く予定だったのだが、肩痛発症もあり、後日回しに。
その代わりと言っては何だが、ペロブスカイト太陽電池(どういうものかは各自調べられた)について簡単に。ご存知の方もあろうが、これは日本発の太陽電池で、今、東芝などによって開発が進展、実用化も近いと言われている。これに酸化チタンが使われるわけで、3.08日の大商いは、これが材料だったのかもしれないが未確認。いずれにせよ、ほとんど、その後、これで盛り上がることなく、新四季報相場になったとみていいだろう。
となると、いずれはペロブスカイト太陽電池関連として、テイカが人気化する可能性があろう。

4月04日 23時58分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3337-42c44bcd