FC2ブログ
四季報が14日、いつもは16時半前後に届くことがほとんどなのに、15時10分頃到着。1時間以上のアドバンテージは大きく、かつ体調も良く、ほとんど休まず、翌日の2時過ぎまで読んで、大半を読了(ただし前に書いたと思うが、薬品、石油、銀行あたりは大半を飛ばす)。15日の取引終了後に、多少読み残した分を読んだので、基本的に、全巻読了となり、16日は、のんびりとした気分で道志に行ってくることにした。
そういうわけで、明日は、「四季報から発掘した妙味株」(第1弾)を発表できると思う。

道志へ行く道は昨年の台風被害で、青根から青野原間が土砂崩れで通れずかなりひどい迂回路を通るしかなかったわけだが、これが最近になって著しく改善、ほんの少しの区間を、それもほとんど通行に問題のない迂回路を通ればよくなって、やれやれというところである。

それはともかく、今日はやや時間はかかるが景色のいい宮ケ瀬湖経由で、途中、カフェ オギッソでランチして行こうとなった。このカフェは、その前は自動車の部品か何かを売る店だったのが、1、2年前、今の店主さんが改装、しゃれたカフェレストランにされて、それ以来、道志に行くときは3回に1回は、ここでアボガドサンド、チーズケーキ、コーヒーのランチコースをいただいている。
道志村のホロホロ同様、(失礼な表現ながら)ひなには珍しい、おいしいものがいただけるお店である。
偏食に加え味にうるさく、滅多なものはおいしくないので外食には困る小生が満足するのだから、その味も推して知るべし(勝手に誇大自己しているだけと言われそうだが)である。
満席に近く、宮ケ瀬湖に面したカウンター席は空いていなかったが、しばらくして空いたので移らせてもらう。繁忙につきアボガドサンドはなかなか出てこなくて待っていると、店員の方が来てテレビの撮影で、ちょっとカメラが入るがご了承をとのこと。
テレビ朝日の番組で、3月中には放映されるとのこと。我ら夫婦も後ろ姿が映るかもしれないがご容赦をとのことであった。

カフェオギッソは宮ケ瀬湖に面した高台にあって、席の目の前の額縁のようになった窓から宮ケ瀬湖とその前の山(仏果山?)の行くごとに変化を味わえる景色を楽しみながらのランチは、まさに至福の時を過ごせる。

お気をつけての声に送られて、店を出たら、入り口のドアに、3月中にテレビ放映されるので、直後は混雑してご迷惑をおかけするかもという店主のお詫びの言葉が、ドアに貼ってあった。
そうだよなあ、人知れずいい店でランチを楽しんで、みんなに知られたいような知られたくないような気分でいたわけだが、そういうわけで、間もなく遠来の客が殺到となるやもしれず、ならばと、これを書いたわけである。

3月16日 22時19分記




Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3321-9d020241