FC2ブログ
27日の相場は、各市場とも小幅高となった。
上げ幅を見ると日経平均0.50%、TOPIX0.20%に対し、JQ0.62%、マザーズ0.73%で、東証1部よりJQ,マザーズの方が大きかった。騰落銘柄数でも東証1部は値下がり銘柄が値上がり銘柄の8割弱に達したのに対し、JQ,マザーズでは値上がり銘柄がはるかに多かった。

こうした状況を受けて、当道場銘柄は、快調に上げるものが大半だった。
フィックスターズ(推)は1364円まであって1348△53。出来高も前日には及ばないが、まずまずの高水準を保った。本当は、この辺でストップ高してもおかしくないというのが、この会社の素質・秘めた実力と思うが、なかなか理解されないのが実情で、ために、こうした値動きなのだと考えよう。
レーティングなどを見ていると、どの証券会社も同じような、ある程度以上の規模の会社をやっていて、出てこない会社は永遠に出てこない。日本では、アメリカなどより、こうした分析をする人間が少なく、手が回らないという側面もある。だからフィックスターズのレーティングもないわけだが、いい加減横並びはやめ、魅力的な企業に限っては、ルールを破ってでも加えるなどする証券会社が出てくるといいのだが・・・
いちよし 新規格付け開始 目標株価2000円
とでもすれば、一気に1500円乗せくらいはあるだろう。

>協和エクシオは2877△8と続伸した。2.20日につけた2945円を抜けると、いよいよ3000円挑戦となろう。
>日亜鋼業も4連騰の後、変わらずをはさんで2日続落となったが、これまた近日中に354円の戻り高値更新のコースとみる。

と前稿で書いたわけだが、協和エクシオは2959円まであって2954△77。2945円を抜いたうえ、出来高も急増した。じり高を続けており、ここからは昨年9月につけた3410円の昨年来高値まで節はない。3000円乗せから一段高のコースをたどるのではないか。私は少しは買ってあるのだが、押し目待ちに押し目なしで、この数倍は買いたかったのに作戦ミスが悔やまれる。
日亜鋼業は、ここまでの一進一退の値動きとは一変、一気に364円まであって357△21(東証1部値上がり率15位)と急伸した。出来高は13.52万株で、私が簡単に確かめられる昨年10月以降の最多となった。今期業績は上方修正含み(私の読み)の上、高力(こうりき)ボルトの品不足という材料もまだ、ほとんど未評価なので、昨年来高値396円更新が期待できそうだ。

キクカワは7750△80で5連騰。太平製作(推)も2598△2となんとかプラス引け。なんだかんだ言って、キクカワが5連騰したのは評価されていい。となれば、太平がこの底値圏にとどまっているのも、おかしなもので、どこかで吹っ飛ぶ可能性が高まってきたのではないか。

コシダカは1595▼17と4日続落。私(持ち株はかなりある)は、ここは拾い場と、買おうかと思ったのだが、買い余力があまりないのと、日亜鋼業等、もっと急いで仕込むべき銘柄もあったので、静観した。いずれにせよ、下げすぎであり、近々戻すとみる。
GMOクラウドも3390▼55と続落した。これなども基本的に株価は上とみるので、あきらめるのは早い。

日本駐車場(推)は、前日の急伸の後だけに、売り物もかさんでもみ合い。160▼1で終えた。28日、165円の戻り高値更新があるか、なおお預けが続くか分からないが、戻り高値更新は既定路線とみて(と言ってももちろん相場に「絶対」はない)対処。

2月27日 23時50分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/3308-9769da76